やさしいRipple

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。

やさしいRipple

仮想通貨投資で失敗しないためにするべきこと ~投資対象の調査~


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20171114163349j:plain

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

前回は私が投資で失敗した時の例を書きました。

 

chamakasou.hatenablog.jp

 

 では、具体的にどのような手順を踏んで投資を始めていけばいいか?について書きます。

※あくまで、私個人の考え方ですので、投資は自己責任でお願いします。

 

 

投資対象の通貨を調べる。

 

その通貨はどんな特徴(特性)を持っているか?

 

ひと口に仮想通貨と言っても、その通貨によって目指しているところは様々です。

 

例えば1番有名なビットコインはモノやサービスを購入したり、価値を保存するための「お金」としての側面が強いですが、時価総額が2番に大きいイーサリアムは「スマートコントラクト」という、過去の契約内容をネットワーク上で保存できる機能を持っています。

 

それぞれの仮想通貨の特徴を調べ、理解しましょう。

 

もし理解できない場合は投資対象から外しましょう。

 

 

投資する際に1番のリスクは「分からないこと」です。

有名な投資家ウォーレン・バフェットの言葉に以下のようなものがあります。

 

 リスクとは、自分が何をやっているかよくわからないときに起こるものです。
※ウォーレン・バフェットの名言

 

 

他の通貨と比べてどんな優位性があるか?

 

上記の通貨の特性を理解した上で、どのような優位性があるか?を考えていきます。

 

例)ビットコイン

ビットコインが他のコインに比べてどのような優位性があるか?

私は、ビットコインには「ネームバリューがある」ことだと思います。

 

ビットコインは確かに他のメジャーなアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)と比べると確かに、送金速度などは遅いです。

(ビットコインは数十分~数時間、リップルは数秒程度で送金できる)

 

 

ただし、「ビットコイン」と呼べる通貨はビットコインしかありません。

 

あなたの周りで仮想通貨に興味が無い人でもビットコインという名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

確かにまだまだ世間的にはビットコインに「怪しい」というイメージが付いていますが、他のアルトコイン(イーサリアム、リップル、ネム)と比べてどうでしょうか?

 

どちらが信用できるかと言われれば、認知度の高いビットコインですよね。通貨は信用の上に成り立っています。

 

※円やドルなども同じです。

 現在は国への信用があるため、価値は安定していますが、例えば日本の財政がいよいよヤバい。となった時に、物凄い勢いで円の価値は暴落する(円安になる)でしょう。

 

 

 優位性がオンリーワンであればさらに良いです。

 

株式でもそうですが、オンリーワンであれば成長し続けることができ、価格もファンダメンタルズ以上に跳ね上がることもあります。

 

ファンダメンタルズとは、国や企業などの経済状態などを表す指標のことで、「経済の基礎的条件」と訳されます。

 

 

仮想通貨は技術的な話なども頻繁に出てきますので、全て理解するのは不可能に近いと思います。

 

ただし、投資する以上最低限、その通貨の目指す方向性を定期的に確認していくべきだと私は考えます。