やさしいRipple

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。

やさしいRipple

仮想通貨でテクニカルチャートを学ぼう ~MACD~


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20180309154439j:plain

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

今回は仮想通貨をトレードする上で知っておくとなにかと便利なテクニカル分析の中でも認識のある指標、MACDについてご紹介します。

 

 

FXができるおススメの取引所

▼BTCのFXを100レバレッジ追証なしで!

 

 

 

テクニカルチャートの表示方法

まずはZaif取引所でのテクニカルチャートの表示方法から説明します。

「そんなの知ってるよ!」って言う人は飛ばしてくださいね。

 

 

 

下の画像は取引所Zaif(ザイフ)のビットコイン(BTC/JPY)チャートです。

 

f:id:chamatoushi:20171027185223j:plain

 

以下の赤枠の部分をクリックすると、Ethereum(イーサリアム)、XEM(ゼム)、mona coin(モナコイン)などのZaifで扱っている他の通貨のチャートに切り替えることが出来ます。

 

f:id:chamatoushi:20171027185242j:plain

 

そして、以下の部分をクリックすると、チャートの時間軸を変更できます。チャートには分足、時間足、日足など週足、月足などの種類があります。実際に表示してみると分かりますが、時間軸を変えるとチャートの形はガラリと変わります。

 

f:id:chamatoushi:20171027185259j:plain

 

例えば1日の間に何度も売り買いするような「デイトレーダー」は分足をメインに利用しますし、何ヶ月も持ち続けるつもりで保有している人は日足や週足を見ればいいでしょう。つまり、自分の時間軸に合わせて利用するのが正しい使い方です。

 

 

 

 

 

以下の赤枠をクリックすると、チャートの表示方法(初期設定は以下のようなローソク足と呼ばれるもの)を変更できますが、これは初期設定から変更の必要はないでしょう。

 

f:id:chamatoushi:20171027185320j:plain

 

肝心のテクニカルチャートを表示させるアイコンは以下の部分です。

 

f:id:chamatoushi:20171027185334j:plain

 

ここで、チャート上にテクニカルな指標を追加で表示させることができます。指標は何十種類もありますが、全てを使う必要はありませんので、色々試してみて自分に合うものを見付けましょう。

 

 

MACDとは?

今回は人気のある「MACD」という指標のご紹介です。

 

MACDとは簡単に説明すると、2種類の移動平均線を使って株価のトレンドを分析する投資手法です。

 

まずは実際にチャート見てみましょう。先ほどクリックした時に表示されたリストから「MACD」を選ぶと以下のようにチャートの下に赤い線青い線が表示されます。

 

f:id:chamatoushi:20180308172444p:plain

 

この2本の線はそれぞれ「シグナル」、「MACD」という名前で呼ばれています。

 

赤い線:シグナル

青い線 :MACD

 ※注意:線の色は表示するツールによって異なります。

 

それぞれの線は特定の期間の終値を平均して計算されているのですが、自分で計算する必要はありませんし計算方法も少々複雑なためここでは割愛します。

 

 

ただし2本の線の特徴として、以下のような点がある点は覚えておきましょう。

 

シグナル ⇒ 実際の値動きより少し遅れて変動

MACD ⇒ 実際の値動きに近い形で変動

 

  

MACDの使い方

MACDを使って相場のトレンドを分析する方法ですが、まず注目する点はシグナルMACDのどちらが上にあるか?という点です。

 

 

以下の青で囲んだ部分のようにMACDの方が上にある場合は上昇トレンド(価格が上がっている)、逆に赤で囲んだ部分のようにシグナルが上にある場合は、下降トレンド(価格が下がっている)状態です。

 

f:id:chamatoushi:20180308165708p:plain

 

2本の線に注目すればいいだけですので、シンプルで覚えやすいのもMACDが人気である理由です。

 

 

次に注目する点はシグナルMACDクロス(交差)している部分です。

 

 

以下の図のようにMACDシグナルを下から突き抜けることをゴールデンクロスといい、下降トレンドから上昇トレンドに変化したことを表しています。

 

f:id:chamatoushi:20180308170543p:plain

 

 

逆に以下のように、MACDが上からシグナルを突き抜けることをデッドクロスといい、上昇トレンドが下降トレンドに変化したことを表しています。

 

f:id:chamatoushi:20180308170555p:plain

 

 

あくまで指標ですので「騙し」と呼ばれるパターンもあります。

 

特にトレンド転換が発生したばかりですぐに次のトレンド転換をするパターンは少ないので、十分に価格や日柄が調整(上がりすぎ/下がりすぎた状態の熱を冷ますこと)されているかを見極めることが大切だと考えます。

 

騙しが少ないパターンはMACDの数値が以下のパターンの場合です。

  • MACDが「0」以下の位置でゴールデンクロス
  • MACDが「0」以上の位置でデッドクロス

 

 

例えば以下の図では0以下の位置でゴールデンクロスが発生しており、信頼性が高いものとなります。

 

f:id:chamatoushi:20180308171648p:plain

 

まとめ

他の指標もそうですが、テクニカルチャートは「習う」だけでなく「慣れる」ことが大事です。実際にトレードしながらどのようなパターンで上昇、下降するかを身に付けていくことをお勧めします。

 

 

仮想通貨でFXトレードをしてみよう! 

 ある程度テクニカルの基本を押さえたら実際に取引をしてみましょう。

 

いくら勉強ばかりしても実際に自分で取引をして得られる経験値にはかなわないからです。

 

最初は損してもいい程度の資金で取引をしてみて、利益を出せるようになってきたら少しずつ投入する資金を上げていけば良いと思います。

 

ビットコインFXとは?

FXとは証拠金取引の事で現物取引と違ってビットコインの現物の受け渡しがない取引のことです。

 

例えば、、

  • 5万円分のビットコインを買って
  • ビットコインの価値が6万円に上がり
  • 6万円分のビットコインを売った場合

上記の場合、取引所との資金移動は「利益の1万円のみ」となります。

 

このようにビットコインFXの場合、「取引の最終的な損益部分だけ、資金を動かす」のが証拠金取引です。

 


またその他に、

  • 売りからの取引をできる(空売り)
  • レバレッジ取引をできる(倍率を掛けての取引)

という特徴もあります。

 

 

ビットコインFXができるおススメの取引所

おススメの取引所はBitMEXという取引所です。

 

海外の取引所ですが日本語対応もしており、国内の取引所に比べて手数料も安いため、非常に人気があります。


また、以下の点もBitmexの魅力です。

  • 100倍でレバレッジ取引ができる
  • 借金をしてしまうリスクである追証がない
  • 動作が軽く使いやすい
  • 取引量が多く、流動性が高い
  • テスト用口座で取引のシミュレーションができる

 

BitMEXへ

 

ちなみに上記のリンクから登録すると、取引手数料が6ヶ月間10%引きですので、是非ご利用くださいね。

 

また、Bitmexについては以下の記事でもご紹介しているので、参考にしてください。

 

www.crypto-chama.com

 

 

BitMEXの口コミ

実際に使用している人の口コミを集めてみました。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

www.crypto-chama.com

www.crypto-chama.com

www.crypto-chama.com

www.crypto-chama.com

www.crypto-chama.com