仮想通貨やろうよ!

ビットコインをはじめとする仮想通貨のはじめ方や投資方法、ニュースなどの情報を発信しています。

仮想通貨やろうよ!

仮想通貨でテクニカルチャートを学ぼう ~MACD~


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20171115160221j:plain

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

今回は仮想通貨をトレードする上で知っておくとなにかと便利なテクニカルチャートの分析方法について書きます。

 

下の 画像は取引所Zaif(ザイフ)のビットコインチャートです。価格は右肩上がりですね。

f:id:chamatoushi:20171027185223j:plain

 

以下の赤枠の部分をクリックすると、Ethereum(イーサリアム)、XEM(ゼム)、mona coin(モナコイン)などのZaifで扱っている他の通貨のチャートに切り替えることも出来ます。

f:id:chamatoushi:20171027185242j:plain

 

この部分をクリックすると、時間軸を変更できます。チャートには分足、時間足、日足など週足、月足など、時間ごとに種類があります。実際に表示してみると分かりますが、時間軸を変えるとチャートの形はガラリと変わります。

f:id:chamatoushi:20171027185259j:plain

 実際に表示してみると分かりますが、時間軸を変えるとチャートの形はガラリと変わります。例えば1日の間に何度も売り買いするような「デイトレーダー」は分足をメインに利用しますし、何ヶ月も持ち続けるつもりで保有している人は日足や週足を見ればいいでしょう。つまり、自分の時間軸に合わせて利用するのが正しい使い方です。

 

 

以下の赤枠をクリックすると、チャートの表示方法(初期設定は以下のようなローソク足と呼ばれるもの)を変更できますが、これは初期設定から変更の必要はないでしょう。

f:id:chamatoushi:20171027185320j:plain

 

 今回の記事で重要なのは以下の部分です。

f:id:chamatoushi:20171027185334j:plain

 ここで、チャート上にテクニカルな指標を追加で表示させることができます。指標は何十種類もありますが、全てを使う必要はありませんので、色々試してみて自分に合うものを見付けましょう。

 

今回は人気のある「MACD」という指標をご紹介します。

MACDとは2本の移動平均線(MACDとそれを単純移動平均化したシグナルの2本のライン)を用いることで、相場の周期とタイミングを捉える指標です。

 

まぁ、上記の説明を聞いても初心者の方はピンと来ないと思いますので実際に見てみましょう。先ほどクリックした時に表示されたリストから「MACD」を選ぶと以下のようにチャートの下に赤い線と青い線が表示されます。

f:id:chamatoushi:20171027185413j:plain

 

まず注目する点は赤い線と青い線のどちらが上にあるか?ということです。以下の赤い丸で囲んだ1や3のように青い線の方が上にある場合は上昇トレンド(価格が上がっている)、逆に2のように赤い線が上にある場合は、下降トレンド(価格が下がっている)状態です。

f:id:chamatoushi:20171027185439j:plain

 実際に上のローソク足と比較しても上昇トレンドでは価格が上がってますし、下降トレンドでは下がってますよね。

 

次に注目する点は赤い線と青い線がクロス(交差)している部分です。1や4のように、青い線が上から赤い線を突き抜けることをデッドクロスといい、上昇トレンドが下降トレンドに変化する可能性が高いことを表しています。逆に3のように青い線が赤い線を下から突き抜けることをゴールデンクロスといい、下降トレンドから上昇トレンドに変化する可能性を表しています。

f:id:chamatoushi:20171027185455j:plain

あくまで指標ですので「騙し」と呼ばれるパターンもあります。2のようなパターンはゴールデンクロスすると見せかけて、下降トレンドを継続したパターンになります。

 

私の経験上、トレンド転換が発生したばかりですぐに次のトレンド転換をするパターンは少ないので、十分に価格や日柄が調整(上がりすぎ/下がりすぎた状態の熱を冷ますこと)されているかを見極めることが大切だと考えます。

 

例えば3のゴールデンクロスはMACDの値が0以外の位置でクロスしているため、調整は十分だと(騙しの可能性が低い)と言えます。

 

他の指標も含めてテクニカルチャートは慣れも大事だと思いますので、実際にトレードしながらどのようなパターンで上昇、下降するかを身に付けていくことをお勧めします。そういう意味でZaifの取引所はチャートが見やすいためおススメです。

Zaifのアカウント登録は以下リンクからできます。

 

 

 

関連記事

www.crypto-chama.com

www.crypto-chama.com

www.crypto-chama.com

www.crypto-chama.com

www.crypto-chama.com