やさしいRipple

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。

やさしいRipple

【初心者】おすすめアルトコインは?各通貨の特徴を解説!


SPONSORED LINK

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

今回はビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)をいくつかご紹介いたします。


初心者の方でも理解できるようにご説明しますので、購入の際のご参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

イーサリアム(Ethereum)

f:id:chamatoushi:20171031155900j:plain

特長

イーサリアムはビットコインと同じようにブロックチェーンという技術を使っており、「仮想通貨」として通貨のやり取りが行えます。

 

ただし、ビットコインと大きく異なる特長として、イーサリアムは「アプリケーション開発用の"プラットホーム"」であるという点です。

 

簡単に言うとイーサリアムを使ってITの技術者が色々なサービスを作成し、それを展開できるということです。スマホ業界でいうところの「Android(アンドロイド)」みたいなものです。

 

通貨単位

イーサリアムの通貨単位を「ETH(イーサ)」と呼びます。

 

イーサリアムの通貨はイーサリアムのプラットフォーム上で作成されたアプリを運用する際に使われます。

 

車でいうところのガソリンみたいなものです。

 

つまり、イーサリアムプラットフォームが世の中に浸透していき、プラットフォーム上で多くのアプリが作成されるようになれば、その燃料である「ETH」の需要が増え、「ETH」の価格は上がります。

 

スマートコントラクト

イーサリアムは「スマートコントラクト」という機能を持っています。

 

「スマートコントラクト」は直訳すると「賢い契約」という意味ですが、簡単に言うと「ブロックチェーン上に取引と一緒に契約も残すことができる」ものです。

 

例えばお金を貸し借りするときの「借用書」ってありますよね。

 

その他にも、一戸建てやマンションを買う時に不動産屋さんと「不動産売買契約書」を書いて契約すると思います。

 

現在の日本ではこのような「契約」は紙媒体でやり取りするのが一般的ですが、それをデジタル媒体として、イーサリアムのブロックチェーン上に保存することで、安全に低コストで保管することができるのです。

 

 

リップル(Ripple)

f:id:chamatoushi:20171031160023j:plain

特長

リップル(Ripple)は簡単に言うと「銀行間の取引を早く/安くできるシステム(通貨)」です。

 

例えば国際間での送金を行う場合、現在のシステムでは送金から着金までに通常3~5日かかり、手数料も数百円~数千円かかります。

 

それをリップル(Ripple)のシステムを使用することで、送金速度は数秒、送金コストも数円程度に抑えることができます。

 

 

既に世界的に大手の銀行を始め多くの銀行がリップルのネットワークに参画をし、リップルのシステムを使用した送金の準備をしており、2018年には実際の送金業務も活発になってくると考えられています。

 

通貨単位

リップルの通貨単位を「XRP(リップル)」と呼びます。


XRPはリップルネットワーク内で送金を行う際の手数料と、ドル/円などの通貨間をまたぐ中間通貨として使用されます。

 

価値のインターネット(IoV)

リップルの最終目標は「銀行間の送金」ではありません。

 

Internet-of-Value(IoV)「価値のインターネット」と呼ばれるものです。

 

「価値のインターネット」とは何なんでしょうか。

 

現在のインターネットでは、メールや情報などのデータがやりとりされています。

 

そこに価値を含めて、お金を含めた、あらゆる価値がインターネット(リップルのシステム上)一瞬で移動することを可能し、物事の流れを根底から覆そうというものです。

 

リップル社はこのIoV(価値のインターネット)の実現を目指して、様々な技術開発を進めています。

 

 

ライトコイン(Litecoin)

f:id:chamatoushi:20171031160042j:plain

特長

ライトコイン(Litecoin)は、ビットコインを「金」とすると、ライトコインは「銀」を目指そうということで始まったコインです。

 

ビットコインのプログラムが元になっており、基本的な仕組みはビットコインと同じですので、ビットコインとの違いという観点で特長を見ていきましょう。


・発行枚数上限

ビットコインの発行枚数上限は2100万枚、ライトコインは8400万枚あります。ビットコインの4倍あることでビットコインよりも価格が安定しやすくなります。

 

・送金が早い

送金の際の承認時間がビットコインが10分であるのに対し、ライトコインは2分半です。

 

通貨単位

ライトコインの通貨単位を「LTC(ライトコイン)」と呼びます。まだまだ使えるお店は少ないですが、ビットコインと同様にLTCを使用して買い物などもすることができます。

 

将来性

ビットコインと特長が似ていることもあり、ビットコイン市場に不安要素が発生すると、ライトコインなどの通貨が逃避先として用いられることが多いです。

 

そのため、今後も通貨としての需要が高まっていけば、ビットコインともにライトコインの価値も上がっていくのでは、と考えています。

 

NEMはPoI (Proof-of-importance)という仕組みを使っています。これによって(ビットコインやイーサリアムと違って)、NEMは電力をあまり消費せず、そしてよりセキュリティ上堅牢なものになっています。

 

 

ネム(NEM)

f:id:chamatoushi:20171031160058j:plain

特長

ネムは「金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感」の原則に基づき、はじまった仮想通貨のプロジェクトです。

 

イーサリアムと同じく「アプリケーション開発用の"プラットホーム"」です。

 

ネムの一番のアドバンテージは「開発が容易」ということだと思います。

 

あるアプリケーションを作ろうと思ったとき、イーサリアムでも同じことは実現可能ですが、ネムを使用することで非常に使いやすいAPIを手に入れることができ、その開発難易度を下げることが出来ます。

 

そして、そのAPIは常に100%安全であるため、開発者はセキュリティを意識することなく、開発に専念が出来ます。

 

通貨単位

ネムの通貨単位をXEM(ゼム)と呼びます。

 

総発行量は8,999,999,999XEMと多いですが、新規発行はありません。


イーサリアムと同様にプラットフォームを運用する上でXEM(ゼム)を使用しますので、ネムの発展とともにその価値は高まっていきます。

 

PoI (Proof-of-importance)

ネムMはPoI (Proof-of-importance)という仕組みを使っています。

 

これによって、ネムは電力をあまり消費せず、そしてよりセキュリティ上、堅牢なものにすることが出来ます。

 

ネムの報酬はハーベスティング(収穫)という形で分配されており、「平等」という思想のものとの設計になっています。

 

簡単に言うと、持っているXEM(ゼム)の量だけでなく、「多く使う人」に対して多くの報酬が与えられます。

 

 

リスク(LISK)

f:id:chamatoushi:20171031160119j:plain

特長

リスク(LISK)もイーサリアムやネムと同様にアプリケーションプラットフォームのプロジェクトです。

 

スマートコントラクトという機能を持っている点はイーサリアムと同じですが、リスクは、スマートコントラクト(契約情報)の開発言語に、「JavaScript」を採用していることです。

 

「JavaScript」は開発者にとってメジャーな言語ですので、より開発がし易いというメリットがあります。

 

通貨単位

リスクの通貨単位を「LISK(LSK)」と呼びます。

総発行枚数は無限です。

 

サイドチェーン

リスクが使っているシステムは「サイドチェーン」と言われるものであり、送金時の処理能力とセキュリティ面の向上というメリットがあります。

 

サイドチェーンとは複数のブロックチェーンを使うことで、メインで使うブロックチェーンへの情報を少なくすることで、処理性能を向上させます。

 

また、万が一ハッキングなどの被害にあった場合はサイドチェーンを切り離しその影響を最小限にすることが出来ます。

 

 

モナコイン(monacoin)

f:id:chamatoushi:20171031160137j:plain

特長

モナコインは、2013年末に公開された日本国産の仮想通貨です。

 

ライトコイン(Litecoin)をベースに開発されたため、ライトコインと仕様はほぼ同じですが、国産の仮想通貨ということもあり、独自のコミュニティを気付いている通貨です。

 

通貨単位

モナコインの通貨単位を「MONA(モナ)」と呼びます。総発行枚数は1億512万枚です。

 

独自のコミュニティ

モナコインの使用用途として、買い物をする以外にも独自の使われ方をしています。例えば、「Ask Mona」というサービスでは、掲示板形式で質問したり、答えたりすることで簡単にMONAをやり取りすることができます。また、Twitter上でチップとしてMONAを投げ合うこともできます。

  

 

まとめ

今回は主要なアルトコインをご紹介しましたが、他にも沢山の通貨がありますので、興味があれば調べてみてください。

 

また、各通貨には「通貨系」の仮想通貨や「プラットフォーム系」の仮想通貨などそれぞれにタイプがありますので、リスク分散の観点からポートフォリオを組む場合はバランスよく購入されることをお勧めします。

 

f:id:chamatoushi:20171031132955j:plain

 

 

 

アルトコインに興味を持った方は以下の記事でおススメの取引所をご紹介していますので、見てみてくださいね。 

 

chamakasou.hatenablog.jp