やさしいRipple

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。

やさしいRipple

【ビットコイン】ライトニングネットワークとは?実装されるとどうなる??


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20171115154935j:plain

 

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

今回はライトニングネットワークについての話です。

 

現在、ビットコイン、ビットコインキャッシュで闘争が繰り広げられていますが、話の核となる部分は「送金処理の性能」に関する部分です。

 

「ライトニングネットワーク」Segwit」などはビットコインの性能に関するキーワードで、今後の仮想通貨の未来を左右するものとして今、注目されています。

 

 

 

ビットコインが抱える問題

 

ライトニングネットワークの話をする前に、現在ビットコインが抱えるスケーラビリティ問題についてお話しします。


ビットコインはブロックチェーンというネットワーク上の台帳のようなものに取引を書き込んでいって、処理を行っていますが、現在、ビットコインの需要は世界的に日々増えており、今後、このままの仕様(ブロックサイズ)ではビットコインの取引に必要な処理能力が限界に達してしまうといわれています。

 

これがスケーラビリティ問題です。

 

 

ライトニングネットワークとは

 

ライトニングネットワークはスケーラビリティ問題を解決できると期待されている技術で、ブロックチェーンの外のライトニングネットワーク(Lightning Network)でも処理を行うことで様々なメリットが得られるものです。


具体的には、これが実装されれば以下のメリットがあるとされています。

 

送金スピードが速くなる

 

現在のビットコインの送金スピードは速い時で10分~数十分、ネットワークが混雑している時は数時間もかかってしまいます。これがライトニングネットワークを実装することで10秒程度で送金が完了するといわれています。

 

 

手数料が減少する

 

今までブロックチェーン上で全ての送金処理をしていましたが、これの一部をライトニングネットワークに任せることで結果として、手数料が大きく減少します。具体的には1satoshi(=0.000000001BTC )単位の手数料とすることも可能だそうです。

 

ただし、手数料が安くなるということはマイナー(採掘者)にとっては報酬が少なることを意味しますので、インセンティブが機能しなくなるという恐れもあります。

 

 

少額の送金が可能になる

 

送金の手数料が安くなることで、少額の送金が可能になります。少額の送金が可能であれば、例えば1杯のコーヒーやチップような用途でもビットコインが使えることになります。

 

 

ライトニングネットワークが実装されるとどうなる??

 

もし、ビットコインにライトニングネットワークが実装された場合、現在、50~60%程度のドミナンス(支配率)を占めるビットコインの勢力が今まで以上に増すことになるでしょう。そして、必然的にアルトコインは厳しい状況に追いやられることでしょう。

 

ただし、ライトニングネットワークのローンチ予定は18ケ月後を予定していますので、まだまだ先の話です。その間にも他の通貨の開発は進捗しますので、技術的にもマーケティング的にも成長の余地は大きいと考えています。

 

いずれにせよ、仮想通貨間の戦いはまだまだ始まったばかりだと思います。