仮想通貨やろうよ!

ビットコインをはじめとする仮想通貨のはじめ方や投資方法、ニュースなどの情報を発信しています。

仮想通貨やろうよ!

イーサリアム(Ethereum)が高値更新間近!?発行量の制限で


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20171124092410p:plain

 

 こんにちは。ちゃまりんです。

 

イーサリアム(Ethereum)が急騰していますね。 

 

ここ最近でどのようなニュースがあったのでしょうか。まとめてみました。

 

発行量の制限

 

イーサリウムのHF(ハードフォーク)である「ビザインチウム」で「EIP-186」が導入されました。「EIP-186」の導入によって、イーサリアムの1ブロックの報酬を5ETHから1.5ETHまで段階的に減らされます。

 

報酬が減らされるとこうことは、報酬を得るマイナー(発掘者)による売り圧力(得た報酬を市場で売る)が少なくなりますので、需給の観点からは自然と価格が上昇することが考えられます。

 

 

 

ETHの発行量について、今までは曖昧(実質無制限)になっており、それが需給面での不安要素となっておりましたが、イーサリアムの創設者ヴィタリック(Vitalik Buterin)氏によると「1年後には発行されるETHの量はゼロになるかも?」とのことなので、発行量については今後はこのデメリットが解消されていきそうです。

 

 

仮想通貨全体に対する送金割合

 

 仮想通貨全体の送金割合を見るとイーサリアムは既にビットコインを超えているそうです。実需の面では確実にイーサリアムが抜きんでているようです。

 

 

 

2018年上半期にデリバティブ取引開始?

 

近頃、ビットコイン先物上場 のニュースで騒がれていますが、その流れが続けば次にターゲットとなる通貨は時価総額2位であるイーサリアムが有力でしょう。

 

 

週足チャートもゴールデンクロス!

 

USD建ての週足チャートも「買い」にトレンド転換しました。BTC建てで見るとまだ、転換はしていませんが、この勢いが続けばBTC建てでも来月あたりにゴールデンクロスする可能性もあります。

 

f:id:chamatoushi:20171124092808p:plain

 

なお、上場来高値を越えれば、さらに大きく価格を上げることでしょう。

 

 

まとめ

 

イーサリアム(Ethereum)はビットコインと違った側面で今後もまだまだ大きな需要が見込めるため、非常にポテンシャルが高い通貨だと思います。

 

もしこれから新規に購入したい人は、今は価格の変動が大きい状況ですので、リスク管理の観点から、Zaif取引所での積立て投資をおススメします。

 

 Zaif取引所の登録方法は以下の記事でご紹介しています。

 

chamakasou.hatenablog.jp