仮想通貨やろうよ!

サラリーマンが仮想通貨で億り人を目指すブログです。ビットコインなどの仮想通貨の情報などを発信しています。

初心者でも分かる!ビットコインとは?なんで値上がりするの!?

f:id:chamatoushi:20171204121148j:plain

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

 

「最近よく色んな人からビットコインって言葉聞くけどいったいなんなの?」

 

「ビットコインを買ってみたいけどよく分からないし怖いイメージ・・・」

 

「ビットコインの価格がすごい上がってるみたいだけどどうして?」

 

 

何となく興味はあるけど、なんだか難しそうでなかなか買うまでの決意が出来ない人はたくさんいるんじゃないでしょうか?

 

 

そんな人のために、ビットコインを「なるべく簡単に分かりやすく」説明します。

 ※分かりやすく説明するために抽象的な表現で誤解を招く部分があるかもしれませんがご理解下さい。

 

 

ビットコインとは

 f:id:chamatoushi:20171201191333j:plain

 

ビットコインとは簡単に言うと「インターネット上に存在する通貨」です。あくまでインターネット上のみに存在するものなので、貨幣や紙幣のようにモノとして目に見えるものではありません。

 

ビットコインのような通貨のことを「仮想通貨」または「暗号通貨」と呼びます。どちらの呼び方も意味は一緒です。ビットコイン以外にもたくさんの仮想通貨が存在しますが、その中でもビットコインは一番メジャーな仮想通貨です。

 

 

法定通貨(日本円など)との違い

 

日本円やアメリカドルなどの法定通貨は中央銀行(日本では日銀)が発行することで無限に増やすことが出来ます。

 
一方、ビットコインは初めから「2100万ビットコイン」と発行量が決められていて、これを増やすことも減らすことも出来ません。

 

また、法定通貨は中央銀行がコントロールしているのに対して、ビットコインは誰にも管理されずにインターネット上に流通しています。

 

 

電子マネーとの違い

 

日本には楽天Edyやnanaco、Suicaなどの電子マネーがあります。それでは、仮想通貨と電子マネーは違いは何でしょうか?

 

 

電子マネーはその価値が変動しません。1ポイント=1円などのように法定通貨の価値に固定されています。

 

逆にビットコインはドルなどの外貨と同じで、円に対して価値が変動します。価値は需給によって決まるので「ビットコインを欲しい人が多ければ価値は上がり、売りたい人が多ければ価値は下がります」

 

 

また、電子マネーは法定通貨などと同じで、楽天やJRなどの会社が管理していますが、ビットコインは特定の誰かに管理されている訳ではありません。

 

 

ブロックチェーン

f:id:chamatoushi:20171204122029j:plain

 

 

例えばAさんがBさんに1万円送金したとします。この時、Aさんの口座残高は1万円減りBさんの口座残高は1万円増えます。あたりまえですよね。

 

円などの法定通貨では通常、このような取引情報「銀行」が大事に保管していています。

 

一方、ビットコインは「ブロックチェーン」という技術によって取引を管理しています。

 

AさんがBさんに1BTC送金したら、その取引情報はインターネット上にブロックのようなもので保存します。そして、このブロックを鎖状につなげていく技術のことをブロックチェーンと言います。

f:id:chamatoushi:20171201191501p:plain

鎖状につなげることで悪い人によるハッキングや改ざん(データを書き換えてしまう行為)をすることが出来なくなります。

 

そして、ブロックチェーンのすごいところは、ビットコインの送金取引などに銀行などの金融機関は一切関わっておらず、「インターネットさえあれば個人と個人の間で直接取引が出来てしまう」点です。

 

法定通貨(日本円)など

f:id:chamatoushi:20171204105400j:plain

仮想通貨(ビットコインなど)

f:id:chamatoushi:20171204105417j:plain

 

 

なぜそんなことが出来てしまうのでしょうか?

 

 

キーワードは「みんな」

f:id:chamatoushi:20171204121351j:plain

 

「みんな」で使う

普通の銀行の取引情報は、銀行と預金者しか使えません。通帳だって自分のものしか持ってないし、他の人の残高なんて本人に聞かない限り分からないですよね?

 

一方、ビットコインの取引情報は、誰でも見ることができます。インターネットに繋がってさえいれば世界中どこからでも見れます。なぜなら、取引情報が保存されてある一つのブロックチェーンを「みんな」で使っているからです。

 

f:id:chamatoushi:20171204112410j:plain

 

 

「みんな」で支えている

ブロックチェーンは、「みんな」で支えています。みんなのパソコンのパワーを少しずつわけあって、ブロックチェーンを作っています。このブロックチェーンを作っている人たちのことをマイナー(採掘者)と言います。そして、その人たちには収入としてビットコインが貰える仕組みになっています。

 

f:id:chamatoushi:20171204111927j:plain

 

 

「みんな」で見張っている

ブロックチェーンは、ハッキングやデータの改ざん(データを書き換えてしまう行為)などがないかを常に「みんな」で監視しています。

 

ブロックへ書き込む前に、みんなで取引が正しいかチェックして、正しいものだけがブロックに書き込まれます。 

f:id:chamatoushi:20171204112957j:plain

 

ビットコインできること

買い物ができる

ビットコインによる決済は物凄い勢いで世界中へ広がりを見せています。日本では2017年にメガネスーパーやビックカメラでビットコインを使っての買い物ができるようになりました。これからもどんどん私たちの生活に広がっていくでしょう。

 

価値を保存できる

ビットコインは日本円などと違って発行量を増やすことは出来ないため、その価値が下がりにくいという特徴があります。そのため「金」などと同様に「価値を保存するための資産」という性質を持っています。※実際に一部メディアなどではビットコインをデジタルゴールドなどと呼ぶことがあります。

 

送金ができる

ビットコインはその仕組み上、銀行などの第三者を介入していないため、送金のコストが低いというメリットがあります。法定通貨を海外などに送金する場合は数千円という手数料がかかることが多いですが、ビットコインは数百円程度で送金が可能です。

 

また、銀行などは営業時間が決まっているため、いつでも送金することはできませんが、ビットコインであれば銀行などの仲介は必要ありませんので、365日24時間いつでも送金ができるという大きなメリットがあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?少しでもビットコインの事が分かりましたでしょうか?始めから全てを理解しなくても大丈夫です。

 

いつでも、どこでも、安く、安全に取引ができるビットコイン。このブロックチェーンという技術は「インターネットに匹敵する大革命」と言われており、世界中から注目が集まっています。

 

少しでもビットコインに興味が湧いたなら実際に取引してみるのが理解への近道だと思います。

 

仮想通貨の取引所を開設すれば、すぐにビットコインやその他の仮想通貨を買うことができます。以下の記事ではおススメの取引所をご紹介してますので、参考にしてみてくださいね。

chamakasou.hatenablog.jp

 

 

おススメの取引所

モナコイン(monacoin)を買うならZaif取引所がおススメ。積立投資もできます!

 

初心者の方はスマホアプリが使いやすく、取扱い通貨の種類が豊富なCoincheckがおススメ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

ビットコインでFXをやるなら国内最大のbitFlyerがおススメ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ブログランキング

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます!

↓少しでも参考になりましたらポチッとクリックしていただけるとブログ更新の励みになります!


仮想通貨ランキング