仮想通貨やろうよ!

ビットコインをはじめとする仮想通貨のはじめ方や投資方法、ニュースなどの情報を発信しています。

仮想通貨やろうよ!

GMOインターネットが給与に最大10万円のビットコイン購入枠!


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20171212103231j:plain

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

GMOインターネットが2018年3月から任意で給与の一部をビットコインで受け取れるようにすることを発表しました。給与でのビットコインの購入枠は最大10万円とのことです。

 

www.nikkei.com

 

 

GMOインターネットについて

GMOインターネットは仮想通貨の取引事業やマイニング(採掘)事業を手掛ける大手のIT会社です。仮想通貨マイニング事業への投資総額はおよそ総額100億円とされており、仮想通貨へのただならぬ意気込みを感じさせます。

 

そんなGMOインターネットの代表 熊谷正寿 氏はこう話しています。


仮想通貨はお金における境界線を無くす。これはインターネットが登場し、我々が事業を始めたときのような興奮を感じています。」※一部抜粋


今回の給与でのビットコイン割り当てについても「お金による境界線を無くす」という想いが込められているのではないでしょうか。

 

お金の境界線とは

本来のお金の役割は「モノやサービスを買うための共通の価値のものさし」ですので、その役割さえ果たせるのなら日本円である必要はありません。


日本に住んでいて日本円のみで生活をしていると実感が湧きにくいですが、日本円も世界的に見れば日々価値が変動してますので、「日本円で給料を貰い、日本円で貯蓄する」というのはかなりリスクが高い運用をしていることになります。極端な話、朝起きて日本円の価値が大暴落していたら生活していけなくなるかもしれません。

 


そういう意味で、ビットコインに限らず「色々な通貨で給与を貰い、色々な通貨を保有する」というのはリスク分散にもなりますし、将来はそれがスタンダードになると思います。

 

また、様々な通貨を始めとする資産をお互いにシームレスに交換することができるようになれば、通貨だけでなく株式や不動産、金などの資産との境界線もなくなっていくでしょう。これは正にリップル社が目指す「価値のインターネット化」であり、その未来はそれほど遠くないのかもしれませんね。