仮想通貨やろうよ!

ビットコインをはじめとする仮想通貨のはじめ方や投資方法、ニュースなどの情報を発信しています。

仮想通貨やろうよ!

CMEのビットコイン先物が上場!次はETF上場に注目が集まる!?


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20171218100423j:plain

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

CEMビットコインの先物が上場しました。このことによって今後、どのような展開が予想されるのでしょうか。簡単にまとめてみました。

 

 

 

CMEのビットコイン先物が上場

本日12/18、CMEのビットコイン先物が上場しました。

 

 

先物の次はETFに注目が集まる

ビットコインETFとは?

ETFとは上場投資信託のことで、指数の動きに連動する「指数連動型」の投資信託です。つまり、ビットコインのETFとは現在市場で取引されているビットコインの価格に連動する商品ということです。

 

なぜETFに注目が集まるのか?

ビットコインのETFを上場させるためには、米国証券取引委員会(米SEC)の承認が必要になりますが、SECは過去に何度もビットコインETFの承認を見送っています。その理由は「きちんとした取引所がなく、基準価格が決められないから」というものでした。


今回、CboeやCMEのビットコイン先物が上場したことで、米国の連邦政府が初めてビットコインの存在を認めたことになり、ETFの承認に関してもグッと可能性が上がったことになります。

www.bloomberg.co.jp

 

 

ビットコインETFが上場するとどうなる?

ビットコインETFが上場すると、機関投資家の資金が大きく流入してくる可能性があります。

 

先物の上場によって一部の機関投資家が参入することが可能になりましたが、先物の取引には期限があり、その期限までに取引を終了させないといけないのです。つまり先物は「期限付き」の投資対象なのです。


対して、年金や投信などの機関投資家は主に長期保有できる資産でポートフォリオを組んでいます。つまり、ビットコイン先物ではなくビットコインETFでなければ組み込みができないと予想されているのです。

 

ビットコインETFの承認がおりればビットコインとして大きな材料となることは間違いないでしょう。

 

まとめ

ビットコインは 2017年初から比べると20倍近く値を上げており、バブル崩壊の警戒をする人も多くみられます。しかし、一方、これまでの価格形成はあくまで一部の個人投資家によるものであり、「プレイヤー」が揃うのはまだまだこれからということになります。

 

※株式投資家もこれから本格的に流入してくるでしょう。