仮想通貨やろうよ!

ビットコインをはじめとする仮想通貨のはじめ方や投資方法、ニュースなどの情報を発信しています。

仮想通貨やろうよ!

ビットコインが一時160万円まで急落!トランザクション増加による送金遅延で!?


SPONSORED LINK


こんにちは。ちゃまりんです。

 

本日12/12、ビットコイン(BTC)が急落し一時160万円まで下がりました。現在も不安定な値動きをしており今後の展開は予想できない状況です。

 

f:id:chamatoushi:20171222144651j:plain

 

 

急落の原因は!?

f:id:chamatoushi:20171222155333j:plain

 

おそらく急落の原因はビットコインの送金詰まりや手数料の増加による「信用不安」によるものと考えています。

 

ビットコインは誕生当初、その送金スピードの速さと低コストが注目されて人気を得ましたが、現在はビットコイン自体の価格の上昇とトランザクション(取引量)の増加によって送金処理の遅延と送金時の手数料が高騰しているという現状があります。

 

そして本来の通貨としての「送金」という機能面に不安を覚えた一部の投資家がビットコインを手放したと考えられます。

 

※coincheckでも手数料引き上げ

 

なお、それとは反対に「数秒で送金処理が完了する」とされているリップル(XRP)の価格が高騰しています。

 

送金詰まりの原因は!?

現在の送金詰まりは約30万件に膨らんでいます。

 

※ビットコインの未確認取引数は以下のURLで確認可能

https://blockchain.info/ja/unconfirmed-transactions

 

ただし、ビットコインのマイニングのペースは落ちていないそうです。つまり、送金詰まりは単純にトランザクション(取引量)の増加によって起きています。ビットコインのネットワークが処理できる量に対して、送金する人が多いのです。


ではどのような理由で送金の量が増えているのでしょうか?

 

 

ニシノカズさんが実施したアンケートの結果では「ここ最近のアルトコインの高騰によってアルトコインを買うためにビットコインを送金している人が増えている」と予想している人が多いようです。

 

正解は分かりませんがいくつかの理由が複合的に重なって起きているのではないでしょうか。

 

 

ビットコインはもう「終わり」なのか!?

送金詰まりも一向に解消されずしばらくは弱い値動きが予想されるビットコインですが、私はまだ楽観的に考えています。

 

ライトニングネットワークへの期待

まだ実用化には至っていませんがライトニングネットワーク(LN)という技術の開発が進んでいて、先日もライトニングネットワーク(LN)による支払いデモ動画がYoutubeで公開されました。

 

www.youtube.com


動画でも分かる通り1秒以内でビットコインの決済が完了しています。これが実用化されれば今の送金詰まりは劇的に解消されるでしょう。

 

※ライトニングネットワークに関する記事は以下を参照 

www.crypto-chama.com

 

 

ビットコインETF承認への期待

忘れちゃいけないのがビットコインETF承認の期待です。米インターコンチネンタル取引所(ICE)と先日ビットコイン先物を上場したCBOEグループがETFの上場申請をしています。

www.nikkei.com

 

無事承認されるかは不明ですが、先物も上場済みであることから承認の期待は高まっているようです。もし承認されればビットコインは大きく値上がりすると思われます。

 

※ビットコインETFに関する記事は以下を参照

www.crypto-chama.com

 

 

チャート分析

では、今後どこまで下がる可能性があるでしょうか。週足の一目均衡表に注目してみました。

 

f:id:chamatoushi:20171222154054j:plain


一目均衡表では基準線(赤色)転換線(青色)がありますがチャートを見ると、過去の暴落相場では何度か基準線(赤色)にタッチしていることがあります。逆に2017年は基準線を大きく下回ったことがありません。

 

現在の基準線が137万円あたりで推移していますので、最悪のケースでそこまで下がることを想定していればいいでしょう。(そのあたりを大きく下抜けてくるようであればチャートが壊れてしまいバブル崩壊の可能性もありますが)


まぁ今の仮想通貨市場の拡大傾向を見ているとそこまで落ちることはないんじゃないかなぁと思っていますが、こればっかりは分かりませんね。

 

大きく下がっても冷静でいられるように常にリスク管理だけはしっかりしておきましょう!