仮想通貨やろうよ!

ビットコインをはじめとする仮想通貨のはじめ方や投資方法、ニュースなどの情報を発信しています。

仮想通貨やろうよ!

NEM/XEM(ネム)が中国3大取引所OKExに上場!チャイナマネーが流入か!?


SPONSORED LINK

 

f:id:chamatoushi:20171225160002j:plain

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

本日、仮想通貨取引所「OKEx」で香港時間16時(日本時間は17時)にXEMの現物取引が開始されました。

 

※OKExの公式サイトページ(XEMの取引開始についての事前アナウンス)

support.okex.com

 

 

OKExとは?

OKExは中国の仮想通貨取引所で世界的にみても出来高が多く大手の取引所です。最近で言えば11月にダッシュ(DASH)とジーキャッシュ(ZEC)がOKExに上場し、大きく価格を上昇させたことでも話題になりました。

 

 

なお、中国では先日、Wechat IDと紐付いてNEM(XEM)を送金できるサードパーティアプリがローンチされ、多少なりとも中国内でのXEMの認知度が高まったことが予想されています。

 

今回の「OKEx」上場でWechatのニュースでXEMのことを知った中国投資家のマネーが流れてくることが期待されています。既にその期待感からか、ビットコインが弱い現在でもXEMの価格は上昇しています。

 

※Wechatの記事は以下を参照

www.crypto-chama.com

 

 

さらにXEMは2018年の1月に日本の取引所「DMM Bitcoin」でも取引が開始される予定となっています。

www.itmedia.co.jp

 

 

NEMを取り扱っている取引所の数は!?

ちなみにNEMは仮想通貨市場での時価総額が7位ですが、その割にXEMを取扱いしている取引所の数は少ない現状があります。

 

時価総額上位のビットコイン(BTC)やイーサリウム(ETH)、リップル(XRP)は取扱いしている取引所の数が400か所以上ありますが、XEMは27か所しかありません。(coinmarketcap調べ)

 

これはXEMにとってはマイナスではなく、XEMの今後の伸びしろを期待できる一つの要素と言えるのではないでしょうか。

 

XEM(ビットコイン建てチャート)

ちなみに先週から注目していたXEMのビットコイン建て週足チャートですが、現在一目均衡表の雲上限辺りに位置付けています。今週いっぱいのローソク足確定時にこの雲を明確に抜けていれば、まだまだ上昇が期待できる状況になるのではないでしょうか。

 

※XEMビットコイン建て週足チャート(2017/12/25現在)

f:id:chamatoushi:20171225154600j:plain


ただし、円建てで見ると少し過熱気味であることは間違いないので短期的な下落には注意が必要です。

 

NEM/XEM(ネム)を買うなら

今から新規でXEMを買う場合はリスク分散の観点から、投資金額を一気に突っ込むのはやめましょう。特に初心者の方であれば最初は慣れるために、少しずつ投資していけば良いでしょう。

 

取引所はcoincheckまたはZaifがおススメです。詳細は割愛しますが、両方とも開設しておけば後々便利だと思いますよ。

 

なお、各取引所の特長については以下の記事にまとめています。 

www.crypto-chama.com