やさしいRipple

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。

やさしいRipple

SBI VC齋藤社長が「2018年は仮想通貨の真の価値が試される年になる」とコメント


SPONSORED LINK

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

SBI VCの社長である齋藤氏のインタービュー記事が報道されています。

 

news.mynavi.jp

 

その記事の中で2018年の仮想通貨市場を見通すにあたって興味深い内容が含まれていましたのでシェアします。

 

 

 

2017年は仮想通貨にとってどのような年であったか?

f:id:chamatoushi:20180115160803p:plain

 

斎藤氏は2017年を「一般に認知され始めた年」と表現しています。

 

今までは一般人のほとんどが「ビットコインや仮想通貨という言葉を聞いたことはあるけどよく分からない」という状態でした。しかし、2017年にビットコインの価格が大きく上がったりテレビCMなどが開始され、ようやく一般人が仮想通貨に興味を持ち始め、仮想通貨を調べ始め、仮想通貨を理解し始めた段階だと思います。そして、仮想通貨を理解した人は仮想通貨の大きな可能性に気付いたことでしょう。

 

そんな中、SBI VCとしても手探りで一から取引所開設の開設準備を進めていったとコメントしてます。

 

 

2018年は仮想通貨にとってどのような年になるか?

f:id:chamatoushi:20180115161107j:plain

 

では、2018年はどのような年になるのでしょうか?斎藤氏は「2018年は価値移転インフラとして普及していくかがカギ」とコメントしています。

 

2017年に広く認知された仮想通貨ですが、価格面で見るとやはり投機的な動きが目立ちます。

 

どんな革命にも投機は付き物ですのでこの動き自体を否定はしませんが、現在の値動きは将来の可能性を期待した値動きであるため、実需が伴わないと投機的な動きのまま市場は萎んでいってしまいます。

 

そういう意味で2018年は「仮想通貨の技術がどれだけ実際の経済活動に使用されていくか?」がポイントであると思います。そしてそれは遅くとも3~5年に以内にやらなければいけないと斎藤氏は言っています。

 

 

仮想通貨とは?今後どうやって浸透していくか?

通貨は定義は「価値移転」「価値保存」「価値尺度」の3つの機能を持つモノのことです。そういう意味では、仮想通貨も法定通貨と同じ機能を持っています。


しかし、それぞれ

  • 法定通貨に足りないのは「価値移転」のインフラ(送金が遅い、高い)
  • 仮想通貨に足りないのは「価値の尺度」(価値の安定性がない)

というメリット・デメリットを持っています。


また、それぞれの特長として

  • 法定通貨は「国」という物理的な単位の中に限られて流通している
  • 仮想通貨は「国」を超え「コミュニティ」などのレイヤーごとに流通していく

という役割を持っており、どちらも存在し続けるモノである(仮想通貨が法定通貨を代替する可能性は少ない)と斎藤氏はコメントしています。

 

この点については私も同じ考えで、国が存在し続ける以上は「法定通貨」は無くなりませんし、国が自らを存続させるためにも絶対に「法定通貨」は必要であると考えています。

 

 ※関連記事

www.crypto-chama.com

 

 
そういう意味では今現在、その技術が一番社会に浸透しやすい通貨はXRP(リップル)ではないでしょうか?

 

 

まとめ

f:id:chamatoushi:20180115161145j:plain

 

2018年は仮想通貨が今以上に「使われていく」年になります。その中で使われない通貨は淘汰されていくと思いますし、使われ続けていく通貨を見極める必要がある年でもあると思います。

 

未来を予測するのは簡単ではありませんが、くれぐれも目の前の利益に目がくらみ、投機的なトレードで損をすることが無いように留意していきたいものです。