仮想通貨やろうよ!

ビットコインをはじめとする仮想通貨のはじめ方や投資方法、ニュースなどの情報を発信しています。

仮想通貨やろうよ!

仮想通貨の投資を「楽しい」と思うことの重要性!その理由とは?


SPONSORED LINK

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

ニシノカズさんが書かれた以下の記事が話題になっていますね。

 

 

内容としては「仮想通貨投資をゲームだと思うと上手くいく」というものですが、私もこの記事の内容については非常に共感できる部分があります。もしかしたらニシノカズさんの書かれた内容と違った解釈が含まれるかもしれませんが、私なりの考えをお伝えします。

 

 

なぜ投資を「ゲーム」だと思う方がいいか?

仮想通貨に限らず、投資とは自分のお金を何かに投入し、その見返りとしてリターン(利益)を得ることです。

 

その投資した資金は通常、日々価値が変動し含み益や含み損といった損得の状態が発生しますよね。私は投資において、この「含み益や含み損」を抱えている時の心理状況がかなり大事だと思っています。

 

それには2つ理由があります。

 

利益や損を数字と思う

f:id:chamatoushi:20180122141202p:plain

 

私は投資では「お金」を「ただの数字」と考えるべきだと思います。お金をそのまま「お金」として投資をする場合の問題な点はなんでしょうか?

 

例えば、300万円の含み益が出ている場合、

「やったー!前から欲しかった車が買える~!」

と考えるし、1000万円の含み益が出れば

「ここから利益が3倍になれば住宅ローンが一括で返済できる!」と考えるでしょう。

 さらに、そこから価格が大暴落して500万円の含み損が出れば、

 「年収分の損をしたー!」

と嘆くでしょう。

 

つまり、利益や損を日常生活での価値に置き換えることで、投資に感情を持ち込み易いのです。人間はプロスペクト理論から投資に感情を持ち込むと負けやすいことは明らかですので、このような感情は一番厄介なのです。

 

逆にただの投資におけるお金を「ただの上下する数字」と捉えれば客観的に見ることが出来ますし、狼狽買いや売りをすることも少なくなるでしょう。

 

 

投資を楽しむ

f:id:chamatoushi:20180122141530j:plain

 

 ニシノカズさんの記事では「仮想通貨の投資をゲームのように楽しむ」と表現されていますよね。

 

「好きこそモノの上手なれ」という言葉の通り、投資を好きになって楽しんでやる人こそ上手くなります。ゲームみたいに楽しんで投資できるなら、いくら時間を費やしても全く苦痛にはならないし、上達しますよね。

  

逆に投資を苦痛と感じてしまうと、それ以上勉強するすることを止めてしまい成長もストップしてしまうでしょう。

 

 

まとめ

 ニシノカズさんのように投資に成功している人の考え方はすごく参考になることが多いと思います。

 

その人の推している通貨をマネして買うだけでは成長には繋がらないし、いつか大損をしてしまうかもしれません。でも、その人の思考のクセを理解し、マネすることは重要なのではないかと思います。