仮想通貨やろうよ!

ビットコインをはじめとする仮想通貨のはじめ方や投資方法、ニュースなどの情報を発信しています。

仮想通貨やろうよ!

IIJが仮想通貨取引・決済の合併会社を設立!大手企業18社の出資を受け


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20180126152603p:plain


こんにちは。ちゃまりんです。

 

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は各業界を代表するリーディング企業と合弁会社「株式会社ディーカレット」を設立し、仮想通貨の取引・決済を担う金融サービス事業に取り組むことを発表しました。

 

 

公式アナウンス

www.iij.ad.jp

 

 

インターネットイニシアティブ(IIJ)とは

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は東京に本社を持ち東証一部にも上場している大手IT企業です。


また、「IIJmio」として格安SIM/スマホのサービス提供をしているので、名前を聞いたことがある人も多いと思います。


さらにIIJといえば、SBI Ripple Asiaを中心とした「内外為替一元化コンソーシアム」でxCurrentを実装した商用版の決済プラットフォーム「RCクラウド2.0」の構築に協力をしていたことで知られています。

 

 

内外為替一元化コンソーシアムにおける「RCクラウド2.0」構築完了のお知らせ

内外為替一元化コンソーシアムにおける「RCクラウド2.0」構築完了のお知らせ~セキュリティ・耐障害性を強化した商用版ソリューションを実現~(SBIホールディングス, SBI Ripple Asia)|ニュースリリース|SBIホールディングス

 


このSBIとIIJの関係が思惑を生んでおり、一部のリップラーから期待の声が上がっているようです。

 

 

 

展開するサービスは?

 

具体的なサービスとしては大きく、以下の2点を検討しているようです。

 

  • デジタル通貨交換サービス
  • デジタル通貨を利用した決済サービス

 

 

サービスイメージ

f:id:chamatoushi:20180126152325j:plain


「取引所」だけでなく、ECサイトや実店舗での決済サービスや国内金融機関と同等のセキュリティレベルを担保した保管・管理サービスも提供予定です。

 

また、通貨については仮想通貨に留まらず、銀行が独自で発行したデジタル通貨なども多数利用されるとのこと。


なお、今回のリリースの大きなポイントはIIJが単独でサービス展開するのではなく、大手企業約20社と共同で「合併会社」が設立されるという点です。


つまり、かなり規模の大きい会社となることが予想されます。

 

<主な出資企業>
伊藤忠、野村HD、JR東日本、第一生命、三井住友銀、三菱東京UFJ銀大手など

 

 

まとめ

投資という観点では大いに盛り上がりを見せている仮想通貨市場ですが、まだまだサービス提供の面では大手企業も参加できておらず、成長の余地は大きいです。

 

このような流れが今後も続くことで、今以上に仮想通貨市場全体が盛り上がることを期待したいですね。