仮想通貨やろうよ!

ビットコインをはじめとする仮想通貨のはじめ方や投資方法、ニュースなどの情報を発信しています。

仮想通貨やろうよ!

【仮想通貨】どこまで下がる?含み益が減る時の投資家心理とは?


SPONSORED LINK

 

f:id:chamatoushi:20180206111852j:plain

 

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

仮想通貨の暴落が止まりませんね。

 

昨日ご紹介したビットコインの対数グラフのチャートですが、あっけなくサポートラインを割ってしまいましたね・・・。

 

www.crypto-chama.com

 

私はこのラインを一つの節目と考えていたので、一部を残して全て売却しました。

 

 

チャート的にはどこまで下がるかは予想が難しく、大きな好材料が出るまでは底探りの展開は続きそうです。

 

まぁ、こんな時にあっさり上昇トレンドに転換しちゃうものですけどね・・。

 

 

含み益がみるみる減る時の心理

 

1月から続く仮想通貨の下落トレンドで多くの人は資産を減らしてしまっていると思います。

 

1月から参戦した人は含み益どころか大きな損失となってしまっていると思いますが、
それ以前からのホルダーでも含み益が大きく減っているのではないでしょうか。

 


このような下落トレンドで多くの人が抱える心理は、

 

 

あぁ~、○○○円も含み益が減っちゃったぁ~!○○○円で売っていれば資産は○○○円だったのにぃ!

 

 


と、含み益が減ったことをで「すごく損した」気分になるのです。


そして、ピーク時の価格や資産を基準に考えてしまいます。

 

 

もし、○○○円まで戻ったら売りたいなぁ~!

 

 

こうなると売りたい気持ちで頭が一杯になってしまいます。


さらに、

 

 

今さら売って上昇トレンドに戻っちゃったらどうしよう・・・

 

 

という気持ちも相まってなかなか売れないままズルズル保有し続けてしまいます。

 

 

これは以下の記事でも紹介したプロスペクト理論によるものです。

  

www.crypto-chama.com

 


また、下がれば下がるほどこのような心理状況の投資家が増えていき、いわゆる「売り圧力」が増えていきます。


そして、一旦相場が崩れると回復するのにかなり時間がかかることがほとんどです。

 

 

常に冷静に

Twitter上で有名な投資家である100億円PLAYERさんの口癖で「冷静なれ。」という言葉がありますが、私は投資をする上で一番の敵は自分自身の中にいると思っています。

 

 

相場が動くたびに感情が振り回されているようではいい結果は残せません。

 

私も感情のコントロールが上手くないので、

  • チャート分析をする
  • 損切りラインを決める
  • ルールを守る

この3つを徹底するようにしています。

 

 

ルールに従った上で損するようであれば仕方ないです。

正直、そろそろ反転しそうな気もしていますし。

 

しかし、感情に任せて取引をしているようでは資産を築くことは難しく、相場は「分からないなら分からないなりにトレードする」しかないと思います。

 

 

ともかく今は少しでも早くコインチェックの問題が収束に向かうこと、そして相場が回復することを願います。