やさしいRipple

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。

やさしいRipple

中国の大手送金業者「LianLian」がRippleNetに参加


SPONSORED LINK

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

中国の決済サービスプロバイダー「LianLian」がRippleNetに参加することが発表されました。

 

ripple.com

 

 

LianLianとは

LianLianは1億5千万人の登録顧客を抱える最大手の送金業者です。


AmazonやeBayなどのオンラインサイトの販売業者と消費者間で約数十億ドル以上の送金処理をしており、中国のEコマース市場を支えている大きな存在です。

 

 

中国のEコマース市場の規模

LianLianが送金処理を行っている中国のEコマースの市場規模は巨大です。

 

2017年には6720億ドルに達し、全世界の市場規模が4兆ドルですので、圧倒的な存在感を示していることが分かります。

 

さらに、中国へのクロスボーダーEコマースの取引額は2018年には1.32兆ドルに到達すると予測されているそうです。

 

f:id:chamatoushi:20180309161358p:plain

 

LianLianが目指すところ

今回はLianLianがRippleNetに参加することで、より速く、低コストで国際送金ソリューションを顧客に提供することを目指しています。


LianLian19通貨の市場をカバーしているので、ブロックチェーンを使い、「中国市場への入り口」としてマーケットシェアを拡大していくことでしょう。

 

 

xCurrentを使用する

1つ、注意点としては今回のニュースではLianLianがリップル社の決済ソリューションである「xCurrent」を採用するという点です。


このxCurrentは、仮想通貨であるXRPを使用するxRapidソリューションとは別のソリューションです。つまり、LianLianが最終的にxRapidを使うかどうかは現時点で不明です。

 

ただし、今回のLianLianとの提携によって、既存のRippleNetメンバーが中国市場に容易にアクセスする事が可能になることは大きな材料でしょう。


すでにRippleNetには日本、韓国、タイ、インドなどの100社以上の金融機関が参加しています。

 

ここにLianLianが加わるということは「巨大な中国市場を開拓する一歩を踏み出した」と言ってもいいでしょう。