やさしいRipple

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。

やさしいRipple

【2018/4/23 更新】リップル(XRP)のテクニカルチャートを分析!今後の値動きは?


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20180420101546p:plain

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

本記事では定期的にリップルのチャート(主にXRP/BTC)を分析します。

※数週間程度毎を目安に随時、本記事を更新していきたいと思います。

 

注意:本記事は将来の値動きを保証するものではありませんので、参考程度に考えて頂けますようお願いします。

 

 

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/4/23時点)

MACD

f:id:chamatoushi:20180423104435j:plain

 

日足のMACDは右肩上がりで上昇中です。

 

4/21に大きな陰線が出ましたが、現状はデッドクロス(DC)する気配もないため、上昇トレンドが継続していると見てよさそうです。

 

ただし、直近の安値を更新してくるようであれば注意が必要です。

 

 

一目均衡表

f:id:chamatoushi:20180423105141j:plain

 

日足の一目均衡表では雲の中に位置しており、4/20に雲の上限突破を試みましたが、一度はじき返されています。

 

再度上昇し、この上限を突破できるかがポイントになりそうです。

 

ただし、雲抜けしたとしても雲自体が5月中旬にかけて薄く&下がっていく傾向なので、雲の上限がサポートラインとして機能してくれるかは分かりません。

 

 

移動平均線

f:id:chamatoushi:20180423105307j:plain

 

200日移動平均線をサポートに、25日・75日の平均線も突破しました。

 

各平均線とのかい離が大きいことから、今週一週間は調整する可能性も高そうです。

 

理想的な動きとしては現在の価格を保ちながら、25日移動平均線が上昇してくるのを待ち、再び上昇していく動きでしょう。

 

 

週足

f:id:chamatoushi:20180423105215j:plain

 

週足ではMACDの上昇が躊躇になってきました。

 

現在の価格を維持できれば来週あたりにゴールデンクロスが期待できそうです。

 

非常にいい形です。

 

ただし、MACDの値が0以下まで調整できているわけではないので、まだ、再度下落トレンド入りする可能性が残っている点は注意した方がよさそうです。

 

 

 

まとめ(2018/4/9時点) 
  • 目先は日足の雲抜けを目指したい
  • 移動平均線は価格を維持しながら平均線の上昇を待つ
  • 今週の値動き次第で来週に週足MACDがGCできるかが決まりそう

 

短期的には「加熱気味」ですが、中長期的なトレンドが「上昇に変わろうとしている」

 

そんな状況です。

 

つまり今週の理想的な値動きは「現在の価格帯を維持する」ことです。

 

逆に、万が一、週足で前週の安値を更新していく動きになると中長期の下落トレンドが継続してしまうので注意は必要です。

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/4/9時点)

MACD

f:id:chamatoushi:20180409165857p:plain

 

日足のMACDはほぼ横ばいに推移しており、ゴールデンクロス・デッドクロスを繰り返していますが、クロスの角度が浅いためあまり意味のあるシグナルにはなっていません。

 

ただし、価格自体が下降トレンドであるのに対して、MACDの値は横ばいもしくはわずかに上昇している傾向にあります。

 

これを「ダイバージェンス」と見ればトレンド転換のシグナルと捉えられるかもしれません。

 

 

一目均衡表

f:id:chamatoushi:20180409165919p:plain

 

一目均衡表でも基準線転換線に押さえつけられていて下降トレンドが継続しています。

 

雲も厚く、上に突き抜けるには大きなパワーが必要そうです。

 

 

移動平均線

f:id:chamatoushi:20180409165938p:plain

 

移行平均線は25日線75日線200日線を表示させました。

 

パッと見でも分かる通り200日線が強く意識されているようです。

 

 

昨年の12月もこの200日線あたりをしばらく推移した後、暴騰が開始されました。

 

この辺りの価格が底値と考えて買いを入れている投資家が多いのでしょうか。

 

 

週足

f:id:chamatoushi:20180409170218p:plain

 

ローソク足を見ると嬉しいことに8週間ぶりに陽線がでました。

 

今週にこのローソクの高値を超えれば一気に上昇する可能性があります。

 

ただし、今週が陰線であれば、以下のことからもう少し調整は続く流れになるのではないかとみています。

 

  • まだMACDが0以下まで調整できていない
  • しばらくは雲が厚い状況が続く

 

その場合は週足、上記の2点が解消されるであろう 6月~7月から期待ができそうな予感がします。

 

 

まとめ(2018/4/9時点) 
  • 200日線が意識され底値感も出てきた状況
  • 先週の高値を更新すれば激アツ
  • ただし今週の週足が陰線になると下落トレンド継続で調整にはもう少し時間がかかりそう

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/2/13時点)

MACD

f:id:chamatoushi:20180213115821p:plain

  

 

長らく抑えられていたレジスタンス(抵抗線)を抜け、MACDがゴールデンクロスを達成しました。

 

つまり、日足チャートは「上昇トレンド」です。

 

上昇トレンドだからと言って100%値上がりを期待できるものではなく、「ダマし」といって、すぐに「デッドクロス」してしまうこともあるので、気をつけましょう。

 

ただ、今回のように低い位置でゴールデンクロスをしている場合はダマしの可能性は低いと考えていいと思います。

 

 

一目均衡表

f:id:chamatoushi:20180213115844p:plain

 

現在は雲の下限に上昇を抑えられている状況です。

 

今後、雲の中に入ってくれればこのレジスタンス(抵抗線)がサポートライン(支持線)に変わることが期待できますが、雲の厚さを見ると薄い場所ではないのが少し気になります。

※一般的に雲が厚いと抵抗が強いとされます

 

ただし、基準線転換線よりは上に位置していますので、そこがサポートライン(支持線)となる期待もあります。

 

 

フィボナッチ

f:id:chamatoushi:20180213115904p:plain

 

 

 高値から「0.618」のポイントで反発していることが分かります。

そしてその後の上昇は「0.5」で押さえつけられています。

 

この「0.5」あたりは一目均衡表の雲の下限と同じあたりにあるので、抵抗線としての機能は強そうです。

 

やはりこの辺りを抜けられるかが大きなポイントとなりそうです。

 

 

週足

f:id:chamatoushi:20180213115921p:plain

 

 

先週のローソク足は長い陽線になりました。

 

そして、MACDが上向きに転換していますので、このまま「デッドクロスを否定」すれば更なる上昇が見込めます。

 

チャートの形としてはいい感じです。

 

ただし、出来高を伴った上昇ではないため、一旦売りが出てくると再び下降トレンドを継続する動きとなる可能性があります。

 

 

f:id:chamatoushi:20180213115931p:plain

 

ちなみに2017年12月のリップル(XRP)高騰は、同じく高騰した2017年5月と比較されることがあります。

 

しかし、現在の位置が②ではなく①であるならば、更なる上昇が望めるのではないでしょうか。

 

MACDや一目均衡表、フィボナッチを見た限りでは現在のトレンドは「ニュートラル(中立)」ですので、今週の動きで今後の方向性が決まってきそうな雰囲気になっています。

 

まとめ(2018/2/13時点) 
  • 現在は上昇トレンドに変わるかどうかの局面
  • 下抜けるとしばらくは下落トレンド継続となりそう

 

 

将来の価格予想は?

テクニカルチャートを見ると新たな一面が見えることも多いのではないでしょうか。

 

なお、ファンダメンタルズから見た価格予想は以下の記事にご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

www.crypto-chama.com

 

 

 

XRP(リップル)の購入方法

仮想通貨XRP(リップル)を購入するためには「取引所」への口座開設が必要です。

 

取引所への口座開設を行った後、銀行などから取引所の口座に日本円の入金を行い、取引所内で円⇔XRPの売買取引ができます。

 

国内でリップル(XRP)の取り扱いがある主な取引所は以下のとおりです。

 

 

※リップル取扱い取引所の比較表

取引所名 手数料 セキュリティ 使いやすさ
coincheck
bitbank
GMOコイン
DMM bitcoin
SBI VC(予定)

 

 

その中でも手数料も他の取引所に比べて安く、セキュリティにも力を入れているbitbankがおススメです。

 

bitbankへ

 

 

口座開設はメールアドレスとパスワードを登録するだけで数分程度で完了しますので、実際に購入するかは別としてまずは登録しておくことをおススメします。

 

 

 

 

以下の記事でbitbankについて詳しく解説していますので、参考にしてくださいね。

 

www.crypto-chama.com