ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

仮想通貨でテクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~


SPONSORED LINK

テクニカルチャート


 こんにちは。ちゃまりんです。

 

今回は「ボリンジャーバンド」について説明します。

 

ボリンジャーバンドの利点の一つは、ボラティリティ(値動きの荒さ)を視覚的に判断できる点です。

 

視覚的にも見やすいため、とても人気のある指標です。

 

 

FXができるおススメの取引所

▼BTCのFXを100レバレッジ追証なしで!

 

 

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンド

 

前回と同様にZaifのチャートを使ってチャートを見ていきたいと思います。

 

今回は「モナコイン」という通貨のチャートを見ていきましょう。

 

f:id:chamatoushi:20171030145507j:plain

 

モナコインは日本のbitflyerという取引所に上場したことをきっかけに、10月上旬頃に約1週間で10倍も価値が暴騰しました。

 

10万円投資していれば、100万円になったということです。

 

さて、この時のチャートはテクニカル的にはどのような状況だったのでしょうか。

 

まず、チャート上部のインジケーターアイコンから「ボリンジャーバンド」を選択すると以下のように帯状のようなグラフが表示されます。

 

f:id:chamatoushi:20171030145519j:plain

 

これは±2σのボリンジャーバンド」と呼ばれるもので、簡単に言うと「95.5%の確率でこのレンジ(幅)の中に価格が収まるよ」というものです。

 

つまり、上記のチャートでいう、10/13あたりに600円以上に暴騰したのは残りの4.5%という強烈な上昇トレンドだったわけです。

(青い帯の外に大きくはみ出していますよね。)

 

あくまで確率の問題ですが、逆張りとしてこの指標を使うのであれば10/13は「売り」だったわけです。

 

実際にその後の価格は約300円と半値くらいまで落ちています。

 

 

 

 

 

では、ビットコイン(BTC/JPY)のチャートで表示させてみましょう。

 

ところどころレンジからはみ出している箇所がありますが、基本的にはレンジ内に収まっていますよね。

 

f:id:chamatoushi:20171030150724j:plain

 

ちなみにボリンジャーバンドは±2σと合わせて±1σや±3σが使われることが多いです。

 

±1σは68.3%、±2σは95.5%、±3σ内は99.73%の確率でレンジ内で推移すると言われています。

 

Zaifのチャートで表示させる場合には、ボリンジャーバンドが表示された状態で、もう一度インジケーターアイコンから「ボリンジャーバンド」を選択を選択します。

 

そして、以下画像の「BB」と書いてある2箇所の内、片方の設定アイコン(歯車アイコン)クリックします。

 

f:id:chamatoushi:20171030145533j:plain

 

以下のようなポップアップが表示されます。

 

「Mult」と書いてある部分が先ほど説明した±σの数字の部分になります。

 

±2σは既に表示させてありますので、ここを1に変更して±1σを表示させます。

 

f:id:chamatoushi:20171030145544j:plain

 

同じようにインジケーターアイコンから「ボリンジャーバンド」をもう一つ表示させ、今度は「Mult」を3に変更します。

 

±1σ~±3σを全て表示させると以下のようになります。

 

f:id:chamatoushi:20171030145553j:plain

 

このように視覚的にもシンプルですし、使い勝手のいい指標ではありますが、トレードの時間軸や順張り/逆張りかによっても見方は変わってくると思いますので、自分自身で実際に使ってみて慣れていくのが良いでしょう。

 

また、テクニカルは1つの指標に頼るのではなく、複数の指標を組み合わせることによって、より効果を発揮しますので、色々な指標と組み合わせて試してみることをお勧めします。

 

 

テクニカルチャートカテゴリーの記事

 

 

仮想通貨でFXトレードをしてみよう! 

仮想通貨 FX

 ある程度テクニカルの基本を押さえたら実際に取引をしてみましょう。

 

いくら勉強ばかりしても実際に自分で取引をして得られる経験値にはかなわないからです。

 

最初は損してもいい程度の資金で取引をしてみて、利益を出せるようになってきたら少しずつ投入する資金を上げていけば良いと思います。

 

ビットコインFXとは?

ビットコインFX

 

FXとは証拠金取引の事で現物取引と違ってビットコインの現物の受け渡しがない取引のことです。

 

例えば、、

  • 5万円分のビットコインを買って
  • ビットコインの価値が6万円に上がり
  • 6万円分のビットコインを売った場合

上記の場合、取引所との資金移動は「利益の1万円のみ」となります。

 

このようにビットコインFXの場合、「取引の最終的な損益部分だけ、資金を動かす」のが証拠金取引です。

 


またその他に、

  • 売りからの取引をできる(空売り)
  • レバレッジ取引をできる(倍率を掛けての取引)

という特徴もあります。

 

 

ビットコインFXができるおススメの取引所

ビットコインFX 取引所

 

おススメの取引所はBitMEXという取引所です。

 

海外の取引所ですが日本語対応もしており、国内の取引所に比べて手数料も安いため、非常に人気があります。


また、以下の点もBitmexの魅力です。

 

BitMEXの魅力
  • 100倍でレバレッジ取引ができる
  • 借金をしてしまうリスクである追証がない
  • 動作が軽く使いやすい
  • 取引量が多く、流動性が高い
  • テスト用口座で取引のシミュレーションができる

 

BitMEXへ

 

ちなみに上記のリンクから登録すると、取引手数料が6ヶ月間10%引きですので、是非ご利用くださいね。

 

また、Bitmexについては以下の記事でもご紹介しているので、参考にしてください。

 

www.crypto-chama.com

 

 

BitMEXの口コミ

実際に使用している人の口コミを集めてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 関連記事

【初心者】おすすめのテクニカルを5つ紹介!

テクニカルチャートを学ぼう ~出来高~

テクニカルチャートを学ぼう ~移動平均線~

テクニカルチャートを学ぼう ~MACD~

テクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~

テクニカルチャートを学ぼう ~フィボナッチ~

テクニカルチャートを学ぼう ~一目均衡表~

テクニカルチャートを学ぼう ~RSI~

テクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~

チャートのローソク足とは?パターンや見方を理解しよう!