ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

私が匿名系の仮想通貨(Zcash、DASH、Moneroなど)を買わない理由


SPONSORED LINK

こんにちは。ちゃまりんです。

 

今回は匿名系の仮想通貨(Zcash、DASH、Moneroなど)について、私なりの考えを書きます。

 

 

匿名系の通貨とは

 

f:id:chamatoushi:20171113182653j:plain

 

ビットコインは全ての取引がインターネット上で公開されており、いつ、どのビットコインアドレスがどのビットコインアドレスに、いくら送金されたかが分かるようになっています。

 

それに対して、Zcash、DASH、Moneroなどの「匿名系の仮想通貨」は特殊な技術によって、ビットコインなどのように、取引の流れを追跡することができない仕様になっています。

 

※各通貨によって匿名の範囲や、送金速度などの細かな仕様は違いますが、「匿名性がある」という点は共通です。

 

匿名系の需要

 

そんな匿名系の仮想通貨(Zcash、DASH、Moneroなど)ですが、主に闇市場での、銃器や麻薬など違法な取引において需要があります。

 

一般人には接点はありませんが、このような市場は世界的に大きな市場となっており、この市場において匿名でやり取りをできるというのは大きなアドバンデージです。

 

実際に通貨の価格も今年に入ってから5倍~10倍程度、上昇しています。

 

私が匿名系の仮想通貨を買わない理由

 

そんな大きな需要、つまり通貨の価値から言えば将来性がある通貨ですが、私が買わない理由は2つあります。

 


1.国の規制が入る可能性がある

 

先述のように匿名系の仮想通貨は犯罪に使われる可能性があります。そのため、日本をはじめ、世界のどの国から、いつ、これらの通貨の使用に関する規制が入るか分からないからです。

 

仮想通貨にとって「規制」という悪材料は一番のリスクだと思います。極端な話、朝起きたら無価値になっていた・・・という可能性もゼロではないです。そのような可能性が高い投資はリスク管理の観点から避けるべきと思っています。

 

 

2.応援したいと思えない


上記1.にも関係してきますが、投資とは本来であればその投資先を応援するために行う行動であるべきです。最終的に価格が大きく上がったとしても、その利用目的が悪い方向性であるなら、それは良い投資とは言えないと考えています。

 

※もちろん、匿名系通貨が犯罪に特化して使用されるというわけではなく、犯罪以外の使われ方も多くあると思います。本記事で匿名系仮想通貨を中傷したいわけではないので、その点はご了承ください。

 

 

最後に

 

今回は匿名系の仮想通貨について記事にしましたが、今後、実際にどの通貨がどの程度、社会に浸透していくかは本当に分かりません・・・。まだまだ黎明期であるこの時期に仮想通貨の未来の姿を予想しながら、投資できることは幸せな事なのかもしれませんね。