ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

ビットコイン建て?円建て?どっちが正しいか考えてみた


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20171127153803j:plain

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 
仮想通貨のブログや取引所チャット、Twitterなどを見ていると、「仮想通貨の資産は円建てで見てはいけない、基軸がビットコインなのでBTC建てで見るべき」という声を多く聞きます。本当にそうでしょうか?この議論について皆さんはどう考えますか?

 

ビットコイン(BTC)建てか?円(JPY)建てか?について、私なりに考えてみました。

 

 

結論

 

始めに結論から書いちゃいます。

 

ビットコイン(BTC)建て、円(JPY)建て、どっちでもいいと思います。

 

と言うもの、「XXX建て」っていうのは、「XXX」を軸にして価格を見てるだけですので、何を軸に見ようがそのものの価値は変わりません。そして、何を軸に見るべきかというのは、人それぞれだと思います。

 

具体的にそれぞれのパターンで考えてみます。

 

 

ビットコイン(BTC)建てで見るべきパターン

 

f:id:chamatoushi:20171127153235j:plain

 

ビットコイン以外のアルトコインに投資した場合のパフォーマンス(成績)を考えるとき。

 

アルトコインを保有していた人が「もし、ビットコインを保有していればいくら儲かったか」と考える時です。

 

保有しているアルトコインがビットコイン建てで下落していれば、ビットコインのパフォーマンスに「負けている」ことになります。少なくとも現状は、基軸通貨がビットコインですので、この考え方は間違っていません。

 

でも、ちょっと待ってください。これって意味あるんですかね?

 

「ビットコインを保有していれば~」っていうのは過去の話ですし、ただのタラレバなんじゃないですかね?しかも、ビットコイン建てで下落してるからって、その傾向がこの先も続く保証はないし、全額ビットコインに投資すればいいか?というとそうとも限りませんよね。

 

もちろんビットコイン建てのチャートを振り返って、トレンド転換などのポイントを押さえることで今後の取引に生かすことはできます。

ただしそれは円建てのチャートでビットコインとアルトコインのチャートを見比べて「どちらの方が今後上がりそうか」を判断すれば同じことだと思います。

 

将来、ビットコインで生活しようとしている人

 

「ビットコインはこの先も広がっていって、法定通貨(日本円など)を使うのではなく、ほとんどの支払いがビットコイン払いになるだろう」と考える人です。そうなるのであれば、「今のうちになるべく多くのビットコインを集めよう」とするのは当然のことだと思います。

 

ただし、私はそこまでの未来を想定していませんし、日本円が無くなるとは思っていません。ビットコインに関しても「送金」には期待してなく、「価値の保存」に特化した通貨だと思っています。

 

というか、日本円などの法定通貨の立場が危うくなるのであれば、絶対に政府が全力で阻止するでしょう。仮想通貨自体を全面禁止にするのは現実的ではないものの、金融の引き締めをすれば円高にすることは可能です。

 

 

円(JPY)建てで見るべきパターン

 

f:id:chamatoushi:20171127153250j:plain

 

円建ての経済圏で生活していて、将来的にもそうなるであろうと思っている人

 

ビットコインの反映に関わらず、法定通貨は生き残ると考えるのであれば、円建てで見る必要ありますよね。例えビットコイン建てで資産が下がっていても、円建てで上がっていれば嬉しいですよね?

 

逆はどうですか?円建てで上がっていても、ビットコイン建てで上がっていれば嬉しいですか?私は全然嬉しくないです・・・

 

それってやっぱり、なんだかんだで円を信用していて円で生活しようとしているからなんですよね。

 

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか?


ちなみに、私は資産の増減は円建てで見て、チャートはBTC建てで見ます。

 

先述の通り、将来も円で生活をすると思っていますが、チャートは「どれだけ多くの人が見ているか」が重要ですので、基軸通貨のビットコイン建てで見ることが多いです。(円建ても見ますが)

 

人それぞれの考え方があるのでどちらの考え方も否定はしませんが、偏った考え方は時に混乱を生むので、何事も柔軟に考えるクセを付けたいものです。

 

 

関連記事

www.crypto-chama.com

www.crypto-chama.com

www.crypto-chama.com