ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

SBI VCがXRP(リップル)を基軸として取り扱い!?RippleとSBIの関係性は?


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20180531185635p:plain

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

XRP(リップル)が基軸通貨として採用されると期待されている、SBIグループの仮想通貨取引所 SBI VCについて、RippleとSBIとの関係性を中心にまとめました。

 

 

 

SBI VCは2018年夏頃を目途に開業予定

f:id:chamatoushi:20180531185659p:plain

 

当初は2017年に開業予定であったSBIグループのSBI VC(バーチャル・カレンシーズ)による取引所ですが、Coincheckの事件や金融庁の動向、20か国財務相・中央銀行総裁会議(G20)で議論された規制内容を踏まえ、開業時期を2018年夏頃とすることを発表しました。

 

www.nikkan.co.jp

 


取扱い通貨は以下の4つとなる見通しです。

 

 

取扱い予定通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)

 


現時点ではXRPをどのように扱うかは正式に発表されていませんが、SBIとRippleの関係性からもXRPを基軸通貨として扱うのではないかと期待されています。

 


※SBIの北尾社長からも以下のTweetがされており、SBI VCにおけるXRP基軸は濃厚のようです。

 

 

 

 

SBIとRipple(リップル)の関係性

f:id:chamatoushi:20180531185714p:plain


SBIホールディングスは、金融関連の事業を展開する大手企業です。

 

ご存知のとおり、日本国内ではSBI証券や住信SBIネット銀行などを展開しています。

 

 

そんなSBIですが、Ripple(リップル)社の株式を11%保有しています。


また、2016年にはRipple社と共同で「SBI Ripple Asia」という共同会社を設立しています。

 

 

SBI Ripple Asiaは、アジア圏で新しいインフラ基盤を作ることを目的とした会社です。


具体的には、多くの金融機関などと提携をして以下のコンソーシアムを立ち上げており、Rippleのシステムを使った送金やカード決済を広める検討をしています。

 

内外為替一元化コンソーシアム

ペイメントカード業界コンソーシアム


つまり、SBIとRippleはRippleNetを世界中に広めるためのパートナーであり、その関係性は非常に密接と言えるでしょう。

 

 

SBI社長の北尾氏、「あっという間にナンバーワンになる」

f:id:chamatoushi:20180531185727p:plain

 

 

開業が遅れており、仮想通貨取引所としては後手に回った形になっているSBI VCですが、北尾社長は
「開業すればあっという間にナンバーワンになる」と自信満々の発言しているようです。


それにはある程度の根拠があり、SBIグループの金融機関が莫大な数の既存のユーザを所有しているからです。

 

以下は、2018年3月期の決算説明会資料に書かれていた内容です。

 

本格的なサービス開始に際しては

  • SBI証券(約426万口座)
  • 住信SBIネット銀行(約321万口座)
  • SBIリクイディティ・マーケット(約105万口座、 SBI FXトレード含む)

等からの顧客層客が見込まれる

 

 

これだけのユーザの一部でもSBI VCに流れて来れば、XRPにとっては大きな資金流入となるでしょう。


また、多くの顧客獲得に向けてシステム面での準備も進めているようです。

 

北尾氏:「ものすごい数のお客さんが来ても、耐えられるシステムを構築しておかないといけない。安全性を徹底的に追求しないといけない」

 

 

リップル(XRP)を買うなら

XRP 購入

 

リップル(XRP)の購入は手数料が安くてセキュリティも強く安心なbitbankがおススメです。

 

bitbankへ

 

 

リップル(XRP)を買うための取引所選びはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。 

www.crypto-chama.com

 

www.crypto-chama.com