ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

SBIが複数のカード会社と連携して2018年1月にカードコンソーシアムを設立


SPONSORED LINK

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

SBIホールディングスがジェーシービー(JCB)や三井住友カード、クレディセゾンなどカード大手を始めとするカード会社と連携して、「ブロックチェーン技術等を活用したペイメントカード業界コンソーシアム」を2018年1月に設立することを発表しました。

 

www.nikkei.com

 

 

カードコンソーシアムの目的

f:id:chamatoushi:20171228123635j:plain

 

カードコンソーシアムの運営は、主にJCBとSBI Ripple Asiaが担うとされています。また、直近としては以下の活動をしていくとのことです。

 

  • 業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築
  • 分散台帳技術や人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討

 

上記の活動を経て、最終的には以下を目指すことになります。

 

  • 参加各社の業務効率化
  • ユーザーエクスペリエンスの向上
  • 利便性の高い決済環境を実現
  • キャッシュレス社会による社会コストの低減と生産性の向上

 

内外為替一元化コンソーシアム

SBIグループはすでに次世代送金インフラの整備を目的とした「内外為替一元化コンソーシアム」も立ち上げており、これには既にメガバンクを含む61社が参加して大きな話題を呼んでいます。

 

内外為替一元化コンソーシアムに関する記事はこちら

www.crypto-chama.com

 

上記の記事にもある通り、「内外為替一元化コンソーシアム」では「最終的にはXRPを使いたい」と表現されております。今回のカードコンソーシアムについては、現段階でXRPの利用についての表記はありませんが、同様に最終的にはXRPが利用されることを期待せずにはいられません。

 

さらに、「内外為替一元化コンソーシアム」の実績を持つSBIグループであれば、その知見をフルに生かし「カードコンソーシアム」の運営も加速させることができるのではと考えています。

 

まとめ

話題性に事欠かないリップル(Ripple)ですが、特に特長としてはビットコインなどと違い、「非中央集権」であることです。

 

リップルやSBIなどをはじめとした「会社」の力をフルに使い、世界の各業界と連携していくことができるのは大きな強みですよね。