やさしいRipple

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。

やさしいRipple




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

【仮想通貨】原資を抜くことのメリット・デメリットを解説!


SPONSORED LINK

原資を抜く

 

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

今回は仮想通貨に限らず投資をしていく上で重要な「資金管理」の方法の1つとして「原資を抜く」という方法について解説をします。

 

 

「原資を抜く」とは何か?

原資を抜くとは?

 

「原資を抜く」とは簡単に言えば、投資の元本を回収するということです。

 

例えば1BTCが10万円の時にビットコインを買ったとしましょう。

 

その後の買ったビットコインの価格が2倍の20万円になりました。この時点で原資である10万円分のビットコイン(0.5BTC)を売ります。

 

これが「原資を抜く」です。

(ただし、厳密には利益確定時の税金まで考慮する必要があります。)

 

 

原資を抜くメリット

メリット

 

それでは原資を抜くことによるメリットは何でしょうか?

 

1つ目はその投資において「損をすることが無くなる」です。

 

上記の例で10万分のビットコインを利益確定してしまえば、残りの0.5BTCの価格が万が一、0になったとしてもその投資をトータルで見れば利益が0になるだけです。

 

つまり、原資を抜いた時点で「負けない」ことが確定するわけです。

 

2つ目は「精神的に安定する」です。

 

原資を抜くとその後いくら価格が下がっても負けることはないため、投資に失敗するという不安が無くなります。

 

そして、精神的に安定すれば例え一時的に価格が大きく下がる局面があったとしても、狼狽売りをしないで済む可能性が高くなります。

 

特に長期での投資を考えている方などに対しては大きなメリットだと考えています。

 

 

原資を抜くデメリット

デメリット

 

原資を抜くことによって生じるデメリットは「税金がかかる」ことです。

 

いずれ利益確定するのであれば、利益分の税金は払う必要があるのですが、原資を抜かずにそのままガチホすれば払うはずの利益分も投資していることになるので、その分複利の効果を望むことができます。

 

原資を抜いた場合はその利益確定分の複利効果が消えてしまうことになります。

 

 

結局、どちらがいいか??

どっちがいいか

 

以上、「原資を抜く」ことで生じるメリット・デメリットをご紹介しましたが、どちらを選択するかは個人の投資スタイルによるかと思います。

 

損するリスクをとってでも億りたいのか、堅実に利益を確保したいのかの選択です。

 

ちなみに私は仮想通貨の投資においては、すでに原資分の利益を確定し税金分も確保済みです。

 

仮想通貨は株式などと比較しボラリティが高く狼狽売りをしやすいですし、もし原資を抜かずにバブル崩壊まで売れずに最終的に損をした場合のことを考えると、多少の複利の効果を犠牲にしてでも保守的に考える必要があると判断したからです。

 

ただし、もし原資を抜かないことを選択した人でも利益確定のタイミングのルールは必ず考えておくことをおススメします。

 

人間の欲は際限がないので、大きく利益が膨らんでもそれ以上の利益を求めてしまうのが常です。

 

www.crypto-chama.com

 

いずれにせよ最終的に後悔することがないようにしたいものです。

 

 

おススメの関連記事