ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

リップル(XRP)の価格は将来いくらまで上がる?リップルが持つ将来性・可能性がスゴイ!


SPONSORED LINK

XRPはいくらまであがる?

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

ネットニュースやSNSなどによって、

徐々にその名前を聞く機会が多くなってきたRipple(リップル)。

 

そしてそのRipple(リップル)のネットワーク上で使われる仮想通貨であるXRP(エックスアールピー/リップル)が注目を浴びています。

 

 

既にXRPを保有している方はもちろん、

まだ持っていないけどXRPに興味が湧いている人にとって、

 

「XRPは将来、いくらまで上がるの?」

というのは一番気になる点だと思います。

 

 

そこで、本記事ではRipple(リップル)の持つ将来性を交えながら、

将来の価格について言及してきたいと思います!

 

 

▼XRPを買うならbitbank!▼

bitbankへ

 

 

 ※「Ripple(リップル)」について、深く知りたい方は以下の記事を参考にしてください。 

 

 

 

 

XRP(リップル)は2017年に最も上昇した仮想通貨

XRP上昇

 

 

2017年、世間的に話題になったのは間違いなくビットコイン(BTC)ですが、

上昇率だけで言えば圧倒的にリップル(XRP)の方が良いパフォーマンスをあげました。

 

 

ビットコインの価格は2017年に約20倍の上昇をしましたが、

リップルは約400倍という驚異的な上昇を記録し、大きな注目を浴びました。

 

 

(※2018年1月までのチャート)

XRP400倍上昇


ちょっと計算してみてましょう。

 

もし2017年のはじめに25万円分のリップル(XRP)を買っていたら、

約1年で億万長者になれたんです!

 

凄まじい上昇率ですよね。

 

 

ただ、ここで注意が必要なのは過去に400倍になったからと言って、今から400倍になるとは限らないということです。

 

大事なのは「これからどこまで上がるか?」です。

 

 

一見、既に400倍も上昇したXRPに上昇の余地はないように感じてしまいます。

 

しかし、まだまだ上昇を期待している投資家が多く存在し、実際に投資をしています。

 

それだけ、XRPは大きなポテンシャル(可能性)を持った通貨であるということなんです。

 

 

POINT
  • XRPの価格は2017年に400倍になった
  • XRPはまだまだ大きなポテンシャル(可能性)を持っている

 

 

リップル(XRP)の価格は将来いくらまで上がる!?

XRPはいくらまで上がるか

 

 

将来のXRPの価格の前に、まずは現在のXRPの価格を確認しておきましょう。

 

XRPの価格は以下の通りです。

(リアルタイムで更新されます)

 

XRP(リップル)の現在の価格

 

 
 

 

高いと感じたか安いと感じたかは人それぞれだと思いますが、

この価格が将来どの程度になるかが知りたいですよね。

 

 

海外メディアの価格予想

 

ウェブ検索

 

ある海外メディアの記事で、

「もし大手企業がXRPを採用した場合にXRPの価格がどの程度上昇するか」

について予想した記事が話題になっています。

 

 

 

 

要約すると以下の通りです。

 

要約
  • VisaがXRPを使用した場合、価値は25,000円増加する
  • MastercardでXRPを使用した場合、価格は10,000円増加する
  • Amazon、Walmart、Uber、eBay等がXRPを使用した場合、価格は110,000円以上になる

 

 

個人的にはかなり非現実的な価格だなぁという印象ですが、

あくまでこの記事の筆者の「予想」なので参考程度に留めておく方がよさそうです。

 

でも、長期的な視点で見た場合かなり夢のある数字ですよね。

 

それだけリップルは期待されている通貨でもありますし、

私もそんなリップルの可能性に賭けている一人です。

 

 

時価総額から見た価格予想

時価総額グラフ

 

次に通貨の時価総額から価格予想をしてみたいと思います。

 

時価総額と言うのは以下の計算式で求められ、

株式市場などでもよく使われる言葉です。 

 

時価総額 = 「通貨の価格」×「通貨の発行枚数」

 

ちなみにXRP(リップル)の発行枚数は1,000億枚ですので、

価格の推移により時価総額は以下のようになります。

 

XRPの時価総額推移
  • 1XRPが100円になると   :時価総額10兆円
  • 1XRPが1,000円になると   :時価総額100兆円
  • 1XRPが10,000円になると    :時価総額1,000兆円

 

法定通貨との比較

上記をまずは各国の法定通貨と比較してみましょう。

 

主要法定通貨の時価総額
  • USD(アメリカドル):150兆円
  • EUR(ユーロ)   :130兆円
  • CNY(元)     :110兆円
  • JPY(円)      :93兆円

※国際決済銀行調査委より(2018年現在) 

 

 

例えばUSD(アメリカドル)と同じ時価総額になるとすれば、

XRPの価格は1,500円になります。

 

世界一の通貨であるUSDと同規模になることは非現実的と思われますが、

むしろ、XRPが世界中の通貨を繋ぐブリッジ通貨という特性であることを考えれば、

時価総額が1,000兆円規模になってもおかしくないのかもしれません。

 

 

市場規模との比較

次はXRPの時価総額を市場規模と比較してみます。

 

Ripple(リップル)が目指している国際送金の市場規模は

なんと1825兆ドル(≒20京円)と言われています。

 

 

 

 

この数字を単純にXRPの発行額で割ると、

「1XRPの価格は約100万円」になります。

 

ただし、この1825兆円という数字は「1年間に流通している国際送金の量」なので、

単純に比較することが正しいのかは疑問が残ります。

 

ちなみに、「1日に流通している国際送金の量」であれば365日で割って、

1XRPは約2700円になります。

 

 

 

いずれにせよ、リップルが目指している国際送金の市場規模がとてつもなく大きいことは揺るぎのない事実でしょう。

 

国際送金と時価総額比較

 

 

 

まとめ

XRPの時価総額が・・・

  • USD(ドル)と同規模になると、1XRPの価格は1,500円
  • "国際送金の流通量/日" と同規模になると、1XRPの価格は2,700円
  • "国際送金の流通量/年" と同規模になると、1XRPの価格は100万円

 

 

リップルの持つポテンシャル

リップルのポテンシャル

 

ここまでは主に価格面でお話ししてきましたが、

Ripple(リップル)がどれくらいの市場規模を獲得できるのかについて考えてみます。 

 

 

世界TOPの国際送金業者もRippleを使用する!?

 

世界とRippleロゴ

 

XRPを使った国際送金は一部の会社などで実施に使われていますが、

まだそれほど大きな流動性はありません。

 

しかし、Ripple社は既に世界中で100社以上の会社と提携していて、

商用稼働の準備を着々と進めています。

 

 特に大きな案件としては、「マネーグラム」「ウエスタン・ユニオン」です。

 

この2社は世界でTOP5に入る国際送金業者で、まだ商用稼働はしていないものの、XRPを使った試験を実施しており、無事に試験が完了すれば実用化される見込みです。

 

 

国際送金業者TOP5
  • ウェスタンユニオン - 米
  • マネーグラム - 米
  • トランスファーワイズ - 米
  • ワールドレミット - 英
  • ペイパル - 米

 

 

 2023年までに過半の銀行でRippleを導入!?

世界地図とRipple

 

 

さらにリップル社の社長であるブラッド・ガーリングハウス氏へのインタビューでは、「今後5年間で世界の銀行の過半がRippleの送金サービスを採用することを目標に掲げている」ことを明かしました。 

 

 

 

最終的にリップルが国際送金市場のうち何割のシェアを奪えるかは分かりませんが、

このような発言はRippleのネットワークが今後、着実に広まっていくことへの自信の表れなのではないかと思います。

 

 

POINT
  • 世界TOPの送金業者もRippleの採用を検討中
  • 5年以内に過半の銀行での採用を目指す

 

 

リップル(XRP)を買うなら

Rippleロゴと手


リップル(XRP)の購入はbitbankがおススメです。

 

私もリップル(XRP)の取引でメインに使っている取引所です。

 

bitbankへ

 

国内でリップル(XRP)を扱っている取引所は他にもあるのですが、

私がbitbankをおススメする理由は主に以下のような理由です。

 

bitbankのメリット
  • 取引手数料が安い
  • シンプルで使いやすい
  • セキュリティに力を入れている

 

取引所として大事な部分がきちんと配慮されていますし、

特にリップル(XRP)を購入する人に非常に人気のある取引所です。

 

 bitbankについては以下の記事でも詳しくご紹介してますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

www.crypto-chama.com

 

 

合わせて読みたい

 リップルに関しては他にも記事を書いていますので、良ければ参考にして頂けると嬉しいです。

 

www.crypto-chama.com

www.crypto-chama.com