ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

ビットコインがライトニングネットワーク(LN)を使った物品購入を完了!いつ実用化される!?


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20180123111646p:plain

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

ビットコインの歴史に新たな1ページが刻まれました。

 

jp.cointelegraph.com

 

アメリカのオンライン掲示板のユーザによると、TorGuard(トーガード)というサイトがライトニングネットワークを使用したBTC決済を受け付けていたため、実際にライトニングネットワーク(LN)を使用して購入したとのことです。

 

ライトニングネットワーク(LN)とはメインのブロックチェーンネットワークの外でチャンネルを開くことでビットコインの処理能力を上げ、少額の決済を即時にできるようにする技術の事です。

 

※ライトニングネットワーク(LN)の詳細は以下記事参照 

www.crypto-chama.com

 

 

同ユーザは「手数料なしで即時決済ができた」と発信しており、今回のニュースにより「手数料が高額で遅い」と言われているビットコイン(BTC)にとっては大きな第一歩となりました。

 

 

実用化はいつ!?

肝心のライトニングネットワークの実用化がいつか?という点ですが、正式な発表はまだありません。

 

2018年の上半期に実装されるという噂もありますが、真意は定かではないようです。また、技術的にはいつでも実装できるがマイナーの報酬が減るために折り合いをつける必要があるという話もあります。

 

 

まとめ

ビットコイン開発者としても現在ビットコインが直面している問題を解決する手段として一刻も早く実装を開始したいという想いはあると思います。ビットコインは仮想通貨市場を牽引しているだけに、続報が待たれる状況です。

 

さらにビットコインのマイニングは現時点では中国の割合が大きく、中国でのマイニング規制などでネットワークが不安定になることが懸念されていますが、日本やそのほかの海外国でもマイニング事業は次々と立ち上がっていることから、中国に依存しないネットワークに生まれ変わることが期待できます。

 

 

※昨日1月22日にもGMOインターネットが「次世代マイニングボード」の研究開発の一環として、12nmFFCプロセス技術を用いたマイニングチップの開発に成功したと発表。

news.mynavi.jp