やさしいRipple

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。

やさしいRipple




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

Coincheck(コインチェック)で起こった580億円分NEM(ネム)ハッキング事件のまとめ


SPONSORED LINK


こんにちは。ちゃまりんです。


2018/1/26に起きたCoincheckのNEM(ネム)のハッキング被害について、騒動から数日が経ちました。


仮想通貨市場の歴史に起こるであろう今回の事件について、概要をまとめました。

 

 

 

 

f:id:chamatoushi:20180129152419j:plain

 

 

ハッキング事件の概要

 

1/26(金)に大手仮想通貨取引所であるCoincheck(コインチェック)で保管していた資産約5.2億XEM(日本円にして約580億円)のNEMが何者かにハッキングされたことが判明しました。


今回の被害額である580億円は、2014年にマウントゴックス(Mt.Gox)がハッキングされた事件の140億円を大きく上回る過去最大の被害額となりました。

 

 

ハッキング被害を受けた原因

 

今回、Coincheck(コインチェック)がハッキングを受けた原因としては大きく2点。

 

  • ホットウォレットで管理
  • マルチシグの未導入

 

通常、取引所は資産のうち8割ほどをコールドウォレットで管理すべきとされていますが、今回盗まれたNEMはホットウォレットで管理されていたようです。
※コールドウォレットとはインターネットと完全に切り離された状態のウォレット

 

また、NEMのウォレットにはマルチ・シグネチャ(送金するために複数の署名を必要とする技術)を導入していなかったことも分かっています。

 

 

Coincheckが取引制限を発表

この事件を受けCoincheck(コインチェック)は2018/1/29現在、ビットコイン以外の通貨の売買および、日本円を含む全ての通貨の出金を停止しています。

 

  • BTC以外(オルトコイン)の売買を一時停止
  • JPYを含め、取り扱い通貨全ての出金を一時停止
  • JPYを除く、取り扱い通貨全ての入金を一時停止


つまり、現時点で出来ることは「JPYの入金とBTCの売買のみ」という状況です。

 

coincheck.com

 

また、取引制限の解除については現状未定です。

 

 

ハッキングされたNEM(XEM)の保障について

 

Coincheck(コインチェック)は2018/1/28に、盗まれた顧客資産であるネム(NEM/XEM)に対する保障の内容を発表しました。

 

対象となる約26万人のNEMの保有者は保有数に応じて、「88.549円のレートで日本円で保障を受ける」ことになりました。

 

ただし、具体的な返還日については未定です。

 

  • 補償対象  :5億2300万XEM
  • 保有者数  :約26万人
  • 保障額   :88.549円×保有数のJPY(日本円)

 

corporate.coincheck.com

 

 

Coincheck(コインチェック)に対する行政処分について

 

今回の事件を受け、金融庁は2018/1/29にCoincheck(コインチェック)に対する行政処分(業務改善命令)を発表しました。

 

業務改善命令
  1. 本事案の事実関係及び原因の究明
  2. 顧客への適切な対応
  3. システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化
  4. 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等

上記1から4までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

※業務停止命令はなし

 

財務局ホームページ

コインチェック株式会社に対する行政処分について:財務省関東財務局

 

 

盗難されたNEMの行方

 

NEMを盗難したハッカーからすれば、最終的に盗難したNEM(XEM)を取引所などで売る必要がありますが、NEM財団によって盗難された資金を自動で追跡するプログラムを作成していることをコメントしています。

 

これによって、犯人がNEMを各取引所に持ち込めば、その資金を判別して取引所で差し止めるということができるようになります。

  

 ただし、NEMは非集権的な技術であることから、財団として直ちに資金を凍結することはできないとのことです。