ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

SBI VC(SBIバーチャル・カレンシーズ)が1/30から試験的にXRPの販売を開始!


SPONSORED LINK

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

首を長くして待っている人も多い、SBIグループの仮想通貨取引所であるSBI VC(SBIバーチャル・カレンシーズ)が1月30日から試験的に販売所形式で「XRP」の販売を開始すると発表されました。

 

SBIホールディングス決算説明会資料(P105参照) 

http://www.sbigroup.co.jp/investors/library/presentation/pdf/presen180130.pdf

 

 

あくまで試験的にということで一部顧客限定でのサービス提供になるそうですが、コインチェック騒動で冷え切った市場を盛り上げてくれる材料として、大いに期待したいと思っています。

 

f:id:chamatoushi:20180130185524j:plain

 

SBI VCに期待したいこと

今、仮想通貨市場が特にSBI VCに期待している点は「セキュリティ」ではないでしょうか。

 

SBIグループは証券やFXなどをはじめとする金融のノウハウがありますし資本も大きい会社ですので、ユーザが安心して取引を行える環境を提供できるのではと考えています。

 

今回のコインチェックのハッキング事件によって、個人のセキュリティ意識は上がりましたが、初心者などがハードウェアウォレットで仮想通貨を管理することはハードルが高い現状があります。

 

むしろ場合によっては、ハードウェアウォレットを使うことでセルフGOX(自分のミスにより資産を失ってしまう)する可能性もあるでしょう。

 

そういう意味では、取引所も現行の銀行と同じように顧客の資産を安全に保管できることが今後の仮想通貨市場の発展に求められてくるポイントになってくるかもしれません。

 

 

リップル(XRP)への期待

f:id:chamatoushi:20180130185633j:plain

 

 

もう一点、今回の発表で注目したい点は試験運用を「BTC」ではなく「XRP」で行うという点です。

 

この方針はSBI VCの基軸通貨として「XRP」を採用する方針である可能性が高いことが伺えるのではないでしょうか。

 

もしそうであれば、今後XRPの流動性は高まっていくことが期待できますし、今までのようにビットコイン(BTC)の値動きに左右されにくくなることを期待できます。

 

 

今後の予定


試験運用は販売所形式で開始されますが、本格的な開始は取引所形式のサービスでXRPの他、ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコイン(BTC)などを扱う予定です。

 

ただし時期については現状未定で、今回のCoincheckの騒動を受けた金融庁の対応や各国の規制動向、G20による議論などを踏まえて開始するとのことです。