ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

Ripple(リップル)とは?特長・将来性・価格・買い方などを徹底解説!


SPONSORED LINK

Ripple(リップル)とは?

 

こんにちは。ちゃまりんです。


数ある仮想通貨の中でも最近特に注目を浴びているのが

Ripple(リップル)という通貨です。

 

 

本記事ではRipple(リップル)に関する概要、特徴、メリットから

通貨の買い方まで総まとめで解説いたします。

※必要に応じてブックマークをして頂き、少しずつ読み進めて頂ければと思います。

 

 

 

 

Ripple(リップル)とは

Rippleロゴ

 

まず、リップルの基本データからご紹介します。

 

基本データ

会社   :Ripple Inc.(アメリカ)

開発者  :Ryan Fugger(カナダ)

システム :RippleNet

通貨名  :XRP(リップル/エックスアールピー)

発行枚数 :1000億枚

 

 

システム

Ripple(リップル)とはアメリカにあるRipple社という会社が開発した

送金/決済に特化したプラットフォームの名称です。

 

プラットフォームという言葉は馴染みが無いかもしれませんが、

「システムの基礎部分」のことを言います。

 

 

つまり、Ripple(リップル)は送金のために作られたシステムのことです。 

 

Rippleシステム説明

 

送金の中でも特にRippleが注力しているのが「国際送金」です。

 

 

通貨

Rippleのシステム上で送金時に使用される通貨のことを

XRP(エックスアールピーまたはリップル)といいます。

 

XRPはBitcoin(ビットコイン)と同じ仮想通貨です。

 

 
XRPは仮想通貨の時価総額ランキングで、Bitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)と並んで常に上位に位置している人気の仮想通貨です。

 

 

▼XRPの現在価格と時価総額ランキング▼

 

 

XRPを使わなくてもRippleのシステムを使った送金は可能ですが、

XRPを使った方がより、「早く・安く」送金ができるという強みがあります。

 

 

XRP使用比較

 

 

RippleとXRPの違い

 

先述の説明でRipple(リップル)やXRP(リップル)という言葉を使いましたが、これらの意味合いは勘違いをしやすいです。


リップルとは送金システムのことを指し、XRPとはリップル内で使用される通貨のことです。

 

POINT

Ripple(リップル)     :送金システム

XRP(エックスアールピー/リップル)  :リップルシステム上の通貨

 

XRPは「エックスアールピー」とも「リップル」とも呼ばれていますので、単純にリップルと言うとシステムの意味でも通貨の意味でも捉えられてしまうので注意が必要です。


また、Ripple(リップル)は同時にアメリカにあるRippleシステムを開発している会社の名前でもあります。ここも勘違いを招きやすいポイントでので覚えておきましょう。

 

Ripple比較説明

 

 

 発行枚数

XRP 発行枚数

 

XRPの発行枚数(通貨の数)は1000億枚と他の仮想通貨に比べて多いです。

しかしその内、630億XRPはリップル社が保有しています。


また、その630億XRPの内、90%の550億XRPについても「ロックアップ」という、簡単には売却できない仕組みを取っており、Ripple社はXRPの価格安定に努めています。

 

 

※以下のポリシーに基づいて運用されています。 

  • 1000億XRPの内、550億XRPはロックアップ済み
  • 毎月、最大10億XRPを売却できるが余ったXRPは再度ロックアップする
  • 売却したXRPはRippleNet拡大のために使用する

 

 

リップルのメリット

リップル メリット

 

 

リップルのシステムは主に以下のような

お金を扱う会社を顧客としてターゲットにしています。

 

主な顧客

・銀行

・国際送金などを行う送金業者

・ ECサイトなどの一般企業

 

 

Rippleはこれらの顧客に対して、

「早く、安く」送金できるというメリットを提供します。

 

 

例えば国際送金の場合、現行のシステムでは送金完了までに数日間もかかりますが、

XRPを使えば数秒程度で完了することができます。


また、送金にかかる手数料についても従来の銀行が行う場合と比較して

10分の1程度にもなると言われています。

 

 

POINT
  • 数秒で送金が完了できる
  • コストは従来の10分の1程度

 

 

 ※以下はリップルのシステムを使った送金と現行の技術を使った送金を比較した表です。

 

  Ripple(リップル) 現行の国際送金
時間 数秒 数時間~数日
手数料 最安 銀行で開示
為替レート 有利 不利
技術 Ripple SWIFT

 

 

 

 

Ripple(リップル)の技術

現行システムとの比較

 

国際送金を想定して、現行システムとリップルのシステムを比較してみましょう。

 

 

現行の国際送金

現行の国際送金のシステムは非常に複雑です。

 


ある国からある国へ送金する場合に相手の国の通貨を保有しておく必要があり、

送金をする国の数だけネットワークが必要です。

 

現行の国際送金イメージ

 

特に新興国などのマイナーな通貨を相手に国際送金を行う場合は、

その通貨の流動性が少ないため、多くのコストがかかる傾向にあります。

 

 

XRPを使った国際送金


これに比べXRPを使った国際送金はシンプルです。

 

XRPをハブとして仲介する通貨するので、

自国の通貨とXRPだけ所有していれば、全ての国とやり取りすることが出来ます。

 

また、XRPを使うことで問題となっていたマイナー通貨の流動性も上がり、

取引コストを大きく減らすことができます。

 

 

以下が現行の国際送金システムとXRP(リップル)を使った場合の国際送金システムのイメージです。

 

XRPの国際送金イメージ

 

 

  

リップル社が提供する3つの製品

 

リップルは送金・決済のソリューションとして主に3つの製品をを提供しており、

それぞれに役割があります。

 

xCurrentとは?

xCurrentロゴ

 

異なる台帳間でのやり取りを可能とするためのシステムです。

 

xCurrentを使うことで、例えば、アメリカドルで送金したお金を、
日本円で受け取ることが可能になります。

 

また、銀行間でのメッセージング機能や、取引前に決済内容の確認ができたり、

決済後に着金確認ができるなどのメリットがあります。

 

銀行などが主な顧客ターゲットになります。

 

 

xRapidとは?

xRapidロゴ

 

xCurrent上でXRPを使用した送金システムです。

 

XRPを使うことでXRPを使わないで送金した場合と比べて、
「より早く・安く」送金をすることができます。

 

また、XRPを使うことで今まで流動性が少なかった通貨間での国際送金などに
流動性が生まれ、為替差損などが少なくなるメリットもあります。

 

送金業者などが主な顧客ターゲットになります。

 

 

xViaとは?

xViaロゴ

 

xViaはRippleのネットワークに接続するための製品です。

 

xViaを使ってxCurrentに繋がっている銀行と連携し、決済を行うことができます。

 

また、支払い履歴を追跡したり、請求書を発行することもできます。


PaypalやGoogle,Amazonなどの一般企業などが主な顧客ターゲットになります。

 

 

3つの製品を使ったRippleのネットワークイメージ 

 

このxCurrent、xRapid、xViaという3つの製品を使って、どのようなRippleネットワークが作られるか分かりやすく説明した図が以下BKさん作の図です。

 

 

リップルネットワークイメージ

 

 

POINT

Ripple社の主要な製品はxCurrent、xRapid、xViaの3つ

XRPが使われるのはxRapid

xRapidを使うことでより早く・安く送金ができる

 

 

価値のインターネット

実はリップル社が目指す最終目標は「国際送金」ではなく、 

価値のインターネット(Internet of Value)と呼ばれるものです。


価値のインターネットとは、インターネットで情報を送るのと同じくらい早く簡単に「価値」を送ることです。

 

「価値」とはお金だけではなく、株式、ポイント、知的財産、投票など価値のある資産全てが対象です。

 

この「価値」をRipple社が提唱するILP(インターレジャープロトコル)というプロトコルを使って互いに送り合うことができます。

 

これが価値のインターネットです。

 


現在のインターネットではメールや画像、動画などを瞬時に低コストで送ったり共有したりすることが可能ですが、お金の支払いや決済などは費用も時間もかかります。


これらの問題をRippleNetを使うことで解決できるとされています。

 

ILPイメージ

 

 

ビットコインとリップルの違い

ビットコインロゴとリップルロゴ

 
仮想通貨としてはダントツで知名度があるビットコインですが、リップルはビットコインと比較して何が違うのでしょうか?

 

ビットコインとリップル比較表

 

 

  ビットコイン(Bitcoin) リップル(Ripple)
開発者 誰でも開発可能 Ripple社
性能
思想 破壊 共存
承認方法 マイニング バリデート

 

 

実はビットコインとリップルは仕組みから思想まで真逆と言っていいほど違います。

 

 

開発者の違い

開発者

 

 ビットコインは「サトシ・ナカモト」の名前で発表された論文で初めて紹介された仮想通貨ですが、特定の企業などが開発したわけではありません。

 
一方、リップルは、Ripple.Incというアメリカの会社が開発しています。

 

Rippleは銀行などの既存の送金システムをより効率化し、世界中に広めることを目的として活動しています。 

 

 

性能の違い 

速度比較

 

ビットコインとリップルには性能面においても大きな違いがあります。

 

  BTC(ビットコイン) XRP(リップル)
送金時間 10分~1時間程度 4秒程度
処理件数 3~6(件/秒) 1500(件/秒)

 

送金にかかる時間がビットコインが1時間(実際には最短で10分程度)のところ、リップルは4秒と圧倒的な差があります。

 

また、1秒間に処理できる件数についても大きな差があり、

XRPを使えば現在の世界中のクレジットカード決済を全て処理するほどの性能を出すことも可能と言われています。

 

 

思想の違い

思想

 

ビットコインとリップルでは以下のように「思想」が大きく異なります。

 

思想の違い

ビットコイン :銀行などを仲介せずにユーザ同士で直接取引を行う

リップル   :銀行などの既存の送金システムを効率化する

 

 

ビットコインはユーザ同士で直接送金ができるため、銀行を仲介する必要がありません。

 

もしビットコインが世界中に広まって、一般的に使われるようになると、銀行は破たんを逃れられないでしょう。

 

逆に、リップルの場合はリップルの技術を使うことで、「銀行のシステムをより効率よく」することを目的としています。

 

つまり、リップルはビットコインと違い銀行などの既存のシステムを「破壊」するのではなく「共存」をすることが大きな違いです。

 

 

www.crypto-chama.com

 

 

Ripple(リップル)の実績

 

リップルネットワークは既に世界中で拡大をしており、多数の大手銀行・企業がRippleNetに参加しています。

 

 

国内銀行

 

国内銀行

 

日本国内ではSBIグループを筆頭に
「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」という組織を発足しており、
24時間リアルタイムでの送金サービスを開始すべく準備を進めています。

 

 

国内外為替コンソーシアム参加銀行
  • 青森銀行
  • イオン銀行
  • オリックス銀行
  • 群馬銀行
  • 四国銀行
  • 信金中央金庫
  • 新生銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行
  • ソニー銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • 千葉銀行
  • 野村信託銀行
  • 広島銀行
  • 北陸銀行
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三井住友信託銀行
  • 山形銀行
  • 横浜銀行
  • りそな銀行
  • 琉球銀行

(その他、全40行以上)

 

 

 

海外銀行

海外銀行

 

海外でも イングランド銀行やインドネシア銀行などの中央銀行から、

バンク・オブ・アメリカ、バークレイズ、クレディ・アグリコルなどの大手民間銀行まで幅広くRippleに参加しています。

 

 

海外参加企業

中央銀行

  • Bank of England(イングランド銀行)
  • Bank of Thailand(タイ銀行)
  • Bank Indonesia(インドネシア銀行)
  • Federal Reserve System(連邦準備制度)
  • Monetary Authority of Singapore(シンガポール金融管理局)
  • Reserve Bank of India(インド準備銀行)
  • Saudi Arabian Monetary Authority(SAMA/サウジアラビア金融局)

など

 

民間銀行

  • ANZ Bank(オーストラリア・ニュージーランド銀行)
  • Bank of America(バンク・オブ・アメリカ)
  • Bank of America Merrill Lynch(バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ)
  • Barclays(バークレイズ)
  • BMO Financial Group(モントリオール銀行)
  • CIBC(カナダ帝国商業銀行)
  • Commonwealth Bank of Australia(オーストラリア・コモンウェルス銀行)
  • Credit Agricole(クレディ・アグリコル)
  • DBS Bank(シンガポール開発銀行)
  • HSBC(香港上海銀行)
  • JPMorgan(JPモルガン)
  • Oversea-Chinese Banking Corporation(オーバーシー・チャイニーズ銀行)
  • Royal Bank of Canada(カナダロイヤル銀行)
  • Royal Bank of Scotland(ロイヤルバンク・オブ・スコットランド)
  • Santander Bank(サンタンデール銀行)
  • Shanghai Huarui Bank(SHRB/上海華瑞銀行)
  • Standard Chartered Bank(スタンダードチャータード銀行)
  • United Overseas Bank(ユナイテッド・オーバーシーズ銀行)

(その他、全50行以上)

 

参考:Ripple総合まとめより一部抜粋

 

 

特に、世界的に仮想通貨への規制が強まる中で、これだけの中央銀行が参加している状況はリップルが特別な存在であることの証であると思います。 

 

決済サービス・プロバイダーなど

 決済サービス・プロバイダー

銀行だけではなく、送金業者などの決済サービス・プロバイダーもリップルに参加しています。

 

特にマネーグラム、ウエスタンユニオンは世界でTOP5に入る送金業者であるため、

リップルのネットワークに大きな流動性をもたらしてくれることが期待されています。

 

決済サービス・プロバイダー
  •  American Express(アメリカン・エキスプレス)
  • Cambridge Global Payments
  • IDT Corporation 
  • International Foreign Exchange(IFX)
  • Lianlian Pay(連連支付)
  • Mercury FX
  • MoneyGram(マネーグラム)
  • SBI Remit (SBI Remit)
  • SWIFT(国際銀行間通信協会)
  • UAE Exchange(UAEエクスチェンジ)
  • Western Union(ウエスタンユニオン)

 

参考:Ripple総合まとめより一部抜粋

 

 

 

リップル(XRP)の価格

リップルの通貨であるXRPの価格は多くの投資家が注目しており、今後も大きく上昇することが期待されています。

 

まずはXRPの現在価格とチャートを見てみましょう。

※価格・チャートはリアルタイムで更新されます。

 

現在の価格

 

 

 

 

 

リアルタイムチャート

 

 

 

 

価格上昇の仕組み

ブリッジ通貨としての側面を持つXRPですが、どのような要因によって価格上昇が起こるのでしょうか?

 

主に3点あるとされています。

 

XRPの価格上昇要因
  • Rippleの知名度向上による投資家需要
  • RippleNet参入機関によるXRP確保
  • RippleNet流動性の向上による底上げ

 

1点目は現在の仮想通貨市場で既に起きていますが、一般の投資家がXRPの価格上昇を期待して買うことで需要が高まり価格が上昇するというものです。

 

2点目は個人投資家ではなくRippleNetに参入してきた銀行などの機関が実際にXRPを活用しようとしたときに、今後拡大するであろうRippleNetの通貨であるXRPを事前に大量確保したいと考えることで起こる買い需要です。

 

そして3点目については、RippleNet上にXRPが実際に活用されることで流動性が増し、価格が底上げされるというものです。

 

特に2点目と3点目はRippleNetの拡大がポイントとなります。

 

 

XRPはいくらまで上がるか?

XRPはいくらまで上がる?



 

XRPは2017年の1年間で約400倍もの価格上昇をしました。

 

XRP400倍上昇

 


もし、2017年の1月時点で25万円投資していれば、1年間で1億円もの価値に変わったことになります。


今後も今以上に上昇していくことが期待されており、一部メディアの価格予想では1,000円や10,000円などと予想されていますが、実際にどこまで上がるかは誰にも分かりません。

 

www.crypto-chama.com

 

 

国際送金市場の市場規模

市場規模グラフ

 

リップルが現在、取り組んでいる国際送金市場の規模は1825兆ドル(≒20京円)と言われており、途方もない市場規模であることが分かります。

 

米金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)のレポート内にSWIFTが1日あたり5兆ドルを処理していると記載あり。

https://www.fincen.gov/sites/default/files/shared/Appendix_D.pdf

「SWIFT messages direct the transfer of nearly $5 trillion worldwide each day.」

 

 

※市場規模に関する数字は色々なデータがあり、参照元によっても異なるようです。

 

その市場の中でどの程度のシェアを獲得できるかは未知数ですが、リップルが大きな可能性を秘めていることは間違いありません。

 

ちなみにXRP(リップル)の発行枚数は1,000億枚ですので時価総額の観点では、

  • 1XRP = 100円   :時価総額10兆円
  • 1XRP = 1,000円   :時価総額100兆円
  • 1XRP = 10,000円    :時価総額1,000兆円

 となります。

 

一概にリップルが使われる国際送金の市場規模 = リップルの時価総額とは言えませんが、ある程度の参考にはなるでしょう。

 

国際送金と時価総額比較

 

 

XRP(リップル)の購入方法

XRPと手

 

仮想通貨XRP(リップル)を購入するためには「取引所」への口座開設が必要です。

 

取引所への口座開設を行った後、銀行などから取引所の口座に日本円の入金を行い、取引所内で円⇔XRPの売買取引ができます。

 

国内でリップル(XRP)の取り扱いがある主な取引所は以下のとおりです。

 

 

※リップル取扱い取引所の比較表

取引所名 手数料 セキュリティ 使いやすさ
coincheck
bitbank
GMOコイン
DMM bitcoin
SBI VC(予定)

 

 

その中でも手数料も他の取引所に比べて安く、セキュリティにも力を入れているbitbankがおススメです。

 

bitbankへ

 

 

口座開設はメールアドレスとパスワードを登録するだけで数分程度で完了しますので、実際に購入するかは別としてまずは登録しておくことをおススメします。

 

 

 

 

以下の記事でbitbankについて詳しく解説していますので、参考にしてくださいね。

 

www.crypto-chama.com

 

 

bitbank(ビットバンク)の口座開設方法

bitbankロゴ

 

「仮想通貨取引所の口座開設が初めてで不安・・・」

 

そんな人のためにおススメの取引所であるbitbank(ビットバンク)の口座開設方法をご紹介しますね。

 

 

国内の口座開設の手順はどの取引所でもほとんど同じですが、大きく以下の2つのステップが必要です。

 

  • メールアドレス・パスワード登録
  • 本人確認書類提出
  • ハガキの受け取り

 

慣れている人であれば5分程度で完了すると思います。

 

 

メールアドレス・パスワード登録

まずはbitbank(ビットバンク)のホームページにアクセスします。(スマホからでもOKです)

 

そして、以下の赤字部分にメールアドレスを入力し、「新規登録」ボタンをクリックします。

新規登録画面

 

 

すると登録したメールアドレス宛にbitbankから以下のようなメールが届きますので、メール内に記載されているURLをクリックします。

 

bitbankメール

 

メール内のURLをクリックすると、以下のようなページが開きますので、任意のパスワード入力および各項目の承諾チェックボックスにチェックを入れ、「登録」ボタンを押します。

 

承諾画面

 

ここまで完了すると仮登録状態になります。

※この時点ではまだ取引はできません。

 

 

本人確認書類提出

続いて「本人確認」です。

 

以下のページが表示されますので、各個人情報の入力と免許証などの本人確認書類をアップロードを行います。

 

本人確認

 

特に複雑な手順はないので手続きに迷うことはないと思います。

 

 

ハガキの受け取り

個人情報の入力および書類のアップロードが完了すると数日~1週間ほどでbitbankから自宅にハガキが送られてきます。

 

ハガキの受け取りが完了すると口座開設が全て完了し、仮想通貨の売買ができるようになります。

(ハガキの返信などは不要で、受け取りのみでOKです)

 

 

二段階認証の設定

Coincheckで事件があったように、仮想通通貨の取引所にはハッキングのリスクがあります。

 

そして、ほとんどの取引所では、そのリスクを軽減するために「二段階認証」というセキュリティ対策が採用されています。

 

bitbankでもメニューから設定できますので、必ず設定しましょう。

 

bitbankへ