ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

【2018/11/15 更新】リップル(XRP)のテクニカルチャートを分析!今後の値動きは?


SPONSORED LINK

XRP テクニカルチャート

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

本記事では定期的にリップルのチャート(主にXRP/JPY)を分析します。

 

補足

※ 可能な限り毎週、本記事を更新していきたいと思います。

※ 過去4週間以前の記事は文字数の関係上、都度削除します。

※ 本記事は将来の値動きを保証するものではありませんので、参考程度に捉えて頂けますようお願いします。

 

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/11/15 時点)

 

 順調に底値を上げていたXRPですが、11/15のBTC暴落に連動し値を下げてしまいました。

 

それでも他のアルトコインなどと比較すると下落率は小さく、時価総額ランキングでもETHを抜き2位に浮上しました。

 

 

 

早速ですが、チャートで見てみましょう。

 

時間足(XRP/JPY)

 まずは時間足から見てみます。

 

f:id:chamatoushi:20181115162535p:plain

 

上昇トレンドに転換してから守っていたトレンドラインを割れてしまいました。

 

BTCは年初来安値を割ってますので、しばらくはBTCを横目に下値を探る展開が予想されます。

 

  • XRPを持っている人で狼狽売りがどの程度でるか?(売り圧)
  • 下値でXRPを買いたい人がどの程度いるか?(買い圧)

 

今後、主に上記のバランスによって値が動いていきますが、どちらにせよしばらくはボラリティは大きくなるでしょう。

 

 

日足 (XRP/JPY)

 

 

次に日足のチャートを見てみます。

 

f:id:chamatoushi:20181115163212p:plain

 

MACDはデッドクロスしてしまいました。

 

ただし、一目均衡表で見るとまだ雲の上を推移しているため、今の位置(51.6円あたり)を守れれば再び上を目指せるかもしれません。

 

さらに11/14のローソク足は大きな下髭を付けています。

 

これは買い圧力が強いことと、上昇する可能性が高いことを啓示しています。

 

 

 

BTCのチャートが下目線であるため、予想が難しいですがXRPのチャート単体でみると決して悪い形ではありません。

 

 

週足(XRP/JPY)

 

最後に週足チャートを見てみます。

 

 

 

f:id:chamatoushi:20181115163808p:plain

 

週足のMACDは依然として上昇しており、上目線が続いています。

 

つまり今回の下落は週足レベルで見れば、レンジ内の動きでありトレンドが崩れている訳ではないと言えます。

 

ただし、さらに価格が下がり、MACDも垂れてくるとまた長い調整になりかねないので、注視が必要です。

 

 

まとめ(2018/11/15 時点) 

  • 時間足のトレンドラインを下抜けし、底値を探っている展開
  • 日足ではまだ雲の上を推移しており、トレンド転換の節目に位置している
  • 週足では上昇トレンドのレンジ内にいる

 

 

※XRPを買うならbitbankがおススメ!

www.crypto-chama.com

 

 
Rippleカテゴリーの記事

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/11/6 時点)

 

 

ここ最近は値幅の小さいレンジ相場が続いていましたが、再び上抜けを達成しました。

 

早速ですが、チャートで見てみましょう。

 

時間足(XRP/JPY)

 

 

時間足から見てみます。

 

f:id:chamatoushi:20181106030054p:plain

 

48~52円あたりのレンジで推移していましたが、11/5に上抜けしました。

 

仮想通貨市場を見渡すと、BCH(ビットコインキャッシュ)が11/15に予定しているハードフォーク期待に大きく上昇しました。

 

それに刺激を受けて市場全体も少しずつ活気を取り戻してきたように思います。

 

 

日足 (XRP/JPY)

 次に日足チャートです。

 

f:id:chamatoushi:20181106030103p:plain

 

長らく雲の下を這うように推移していましたが、雲の中へ突入し上限突破にトライしています。

 

また、少し上(56.3円)に200日移動平均線も位置しており、これらを抜けられるかが直近の注目ポイントとなります。

 

これらを抜けると前回高値の75円が目途になります。

 

ボリンジャーバンドも見てみましょう。

 

f:id:chamatoushi:20181106030112p:plain

 

ボリンジャーバンドはレンジ相場が続いたことにより収縮していましたが、時間足での上抜けから拡大に移行しようとしています。

 

これは上昇方向へのトレンドが継続する可能性が高いことを意味します。

 

 

週足(XRP/JPY)

 

最後に週足を見てみます。

 

 

f:id:chamatoushi:20181106030121p:plain

 

 

週足ではMACDが上昇を継続しています。

 

次の大きな節目ですが、前回9月の高値を見ると53週線(1年平均)に頭を押さえられているように見えます。

 

ここを抜けることが出来れば3桁も見えてくるのではないでしょうか。

 

 

まとめ(2018/11/6 時点) 

  • レンジ相場を上抜けし、日足レベルで上昇トレンド発生。
  • 直近のレジスタンスは200日線(56.3円)と9月高値(75円)
  • 9月高値を超えれば更なる上昇も

 

 

※XRPを買うならbitbankがおススメ!

www.crypto-chama.com

 

 
Rippleカテゴリーの記事

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/10/23 時点)

まず初めに、今週から解説用のチャートはbitbankのXRP/JPYレートで見ていきます。

 

理由としては円レートの方が見やすいということと、世界的に見ても円でのトレードボリュームは十分にあるという点です。

 

早速見てみましょう。

 

時間足(XRP/JPY)

まずは1時間足から見てみます。

 

f:id:chamatoushi:20181023105802p:plain

 

仮想通貨市場全体に言えることですが、ここのところ値幅・出来高は小さく、方向性の無い相場になっています。

 

BTCのレンジ相場もまだ続いていることもあり、投資家の心理的にはどちらに抜けるか様子見といったところでしょうか。

 

XRPは50円~52円あたりのレンジ(水色の水平ライン)でフラフラと動いています。

 

下値は49.5円あたりの赤のラインです。

 

よって、49.5円を下抜けるか、前回高値の53円あたりを明確に上抜ければ相場は大きく動き出すでしょう。

 

 

日足 (XRP/JPY)

 

 

次に日足のチャートを見てみます。

 

f:id:chamatoushi:20181023110323p:plain

日足では一目均衡表の雲の下を沿うように推移しています。

 

11月5日あたりまではやや上方の雲が厚くなるため、抜けるにはやや力が要りそうです。

 

 

MACDに関しては一応ゴールデンクロスをしているものの、クロスの角度が浅いため信憑性は低いでしょう。

 

いずれにせよ、時間足でどちらに抜けるかでチャートが大きく動きだすと思います。

 

 

週足(XRP/JPY)

 

 

最後に週足を見てみます。

 

f:id:chamatoushi:20181023110810p:plain

 

前週のローソク足は陽線で終わることができました。

 

ただし、大きな出来高を伴ったものではなく、力強さが感じられるというものではありません。

 

年末にかけて大きな上昇が期待されていますが、11月上旬あたりからやや厚めの雲が形成されていくのが少し気になります。

 

 

まとめ(2018/10/22 時点) 

  • 現在は方向感のないレンジ相場
  • 上下どちらに抜けるかで大きく相場が動き出しそう
  • 年末に期待されている暴騰はどこまで上がるか読めない

 

※テクニカルチャートについてもっと知りたい方は以下を参照してください。

 

【初心者】おすすめのテクニカルを5つ紹介!

テクニカルチャートを学ぼう ~出来高~

テクニカルチャートを学ぼう ~移動平均線~

テクニカルチャートを学ぼう ~MACD~

テクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~

テクニカルチャートを学ぼう ~フィボナッチ~

テクニカルチャートを学ぼう ~一目均衡表~

テクニカルチャートを学ぼう ~RSI~

テクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~

チャートのローソク足とは?パターンや見方を理解しよう!

 

テクニカルチャートカテゴリーの記事

 

 

※リップルについてはコチラから

 

Rippleカテゴリーの記事

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/10/15 時点)

9/18からの急騰後にダラダラと下落をしていたXRPですが、10/15に再び動意付いています。

 

では、チャートの状況を見てみましょう。

 

時間足・日足 (XRP/USD)

まずは4時間足のチャートから見てみます

 

f:id:chamatoushi:20181015152900p:plain

 

 一時80円台まで急騰しましたが、上記の青の下落トレンドラインを上抜け出来ずにダラダラと下落していました。

 

しかし、ラインを抜けた後、10/15に急騰しました。

(この記事を書いている中でも値が大きく動いています)

 

チャートの形としては10/12, 10/15を下値としたダブルボトムが完成しており、出来高も伴っているため、しばらくは上目線で値が動きそうです。

 

 

次に日足チャートです。

 

f:id:chamatoushi:20181015153423p:plain

 

日足のMACDは下落していましたが、今回の急騰によりGC(ゴールデンクロス)を期待できる形に変わってきました。

 

また、10/16あたりから一目均衡表の雲が急上昇する点にも注目です。

 

ローソク足がこの雲と共に上昇することができれば、この雲がサポートラインとなり、さらなる上昇も期待できる形になります。

 

ただし、逆にこの雲の下に潜りこんでしまうと、再び下落トレンドが再開されてしまう可能性があることには注意が必要です。

 

 

週足(XRP/USD)

最後に週足を見てみます。

 

f:id:chamatoushi:20181015153810p:plain

 

週足では各指標に大きな変化は見られませんが、先週、先々週と2週にわたって出現していた陰線を包む形で大きな陽線を立てることが出来れば非常に強い形に変わります。

 

また、MACDもこのまま上昇を続けることができれば、中・長期での上昇トレンドの継続を啓示します。

 

 

まとめ(2018/10/15 時点) 

  • 時間足のトレンドライン上抜けにより、上昇トレンド再開が期待出来る形になった
  • 日足ではMACDのGCと雲に沿った上昇ができるかがポイント
  • 日足でいい形を作れることができると、週足でも上を目指す形になりそう

 

※テクニカルチャートについてもっと知りたい方は以下を参照してください。

 

【初心者】おすすめのテクニカルを5つ紹介!

テクニカルチャートを学ぼう ~出来高~

テクニカルチャートを学ぼう ~移動平均線~

テクニカルチャートを学ぼう ~MACD~

テクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~

テクニカルチャートを学ぼう ~フィボナッチ~

テクニカルチャートを学ぼう ~一目均衡表~

テクニカルチャートを学ぼう ~RSI~

テクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~

チャートのローソク足とは?パターンや見方を理解しよう!

 

テクニカルチャートカテゴリーの記事

 

 

※リップルについてはコチラから

 

Rippleカテゴリーの記事

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/10/5 時点)

 9/18から動き出したXRPですが、現在は明確な方向感はなく0.5ドルを超えたあたりでフラフラと推移しています。

 

 

では、具体的にテクニカルチャートの状況を見てみましょう。

 

日足 (XRP/USD)

 

 まずは、日足の25日線と一目均衡表を見てみます。

 

f:id:chamatoushi:20181005144915p:plain

現在の位置は一目均衡表の基準線あたりで推移しており、急激な上昇後に25日線をまっているように見えます。(25日線は意識する人が多いインジケータです)

 

このままいけば、来週末から再来週あたりに現在の価格帯まで上がってきますので、そこで25日線に対してどのような動きを見せるか、注目したいポイントです。

 

 

ちなみに時間足では以下のようにいくつかのトレンドラインを下抜けしてますので、すぐに上昇を期待できる形ではなさそうです。

 

f:id:chamatoushi:20181005145315p:plain

 

また、基準線だけではなく200日線も現在の価格帯を推移しており、意識されていることが分かります。

 

f:id:chamatoushi:20181005145351p:plain

 

200日線に関してはやっと下降が終わり、これから上向くか?といった状況です。

 

今後、これがサポートラインとなるか、レジスタンスとなるかで大きく方向性が変わりそうです。

 

 

週足(XRP/USD)

 

 

週足も見てみます。

 

f:id:chamatoushi:20181005145613p:plain

 

週足のMACDについては先週、ゴールデンクロスを達成し、今週も上向きは維持されています。

 

ただし、一目均衡表の基準線(赤)に頭を押さえられているようにも見え、さらに、このままの価格で推移するとローソク足の陰線が確定してしまうので、あまり形はよくないです。

 

下にある転換線(青)を割らずに調整をこなせるかがポイントとなりそうです。

 

 

まとめ(2018/10/5 時点) 

  • 日足では200日線、一目基準線あたりが意識されている
  • 週足では一目の基準線・転換線の間に挟まれ推移
  • 日柄調整をこなし、25日線を待ってから上を目指したい展開

 

※テクニカルチャートについてもっと知りたい方は以下を参照してください。

 

【初心者】おすすめのテクニカルを5つ紹介!

テクニカルチャートを学ぼう ~出来高~

テクニカルチャートを学ぼう ~移動平均線~

テクニカルチャートを学ぼう ~MACD~

テクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~

テクニカルチャートを学ぼう ~フィボナッチ~

テクニカルチャートを学ぼう ~一目均衡表~

テクニカルチャートを学ぼう ~RSI~

テクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~

チャートのローソク足とは?パターンや見方を理解しよう!

 

テクニカルチャートカテゴリーの記事

 

 

※リップルについてはコチラから

 

Rippleカテゴリーの記事

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/9/27 時点)

 

ついにXRPが動き出しましたね!

 

長期的に見ればまだまだこれからですが、ホルダーの皆様、まずはおめでとうございます。

 

早速ですが、9/27時点のテクニカルチャートを見ていきたいと思います。

 

 

 

 

日足 (XRP/USD)

まず日足から見てみます。 

 

f:id:chamatoushi:20180927102959p:plain

 

日足では一目均衡表の雲を大きく抜けました。

 

雲を上抜けたのは2018年4月以来です。(この時はダマしで終わりましたが)

 

 

ただし、80円台までの急騰があり、過熱感があったため、現在はちょうど、基準線と200日移動平均線あたりまで値を下げ、もんでいる状況です。

 

このまま上昇トレンドが続くのかは難しいところですが、出来高も急激に増えており、xRapid稼働など年末にかけてのファンダメンタルズも申し分ないことから、まだまだ上昇を期待できるかと思います。

 

 

時足のチャートも見てみます。

 

f:id:chamatoushi:20180927103920p:plain

 

急騰を冷ましつつ、上下にもんでいるのが分かると思います。

 

この辺りの価格帯は日足の200日線や基準線、4時間足の雲などがあり上下どちらに抜けるかが大事な場面であると言えます。

 

ちなみに、2017年末~2018年始の急騰と比較した場合は、現在は少し崩れた形に見えるためここは踏ん張りどころかなというところです。

 

 

 

週足(XRP/USD)

次に週足を見てみます。

 

 

f:id:chamatoushi:20180927103406p:plain

ついに週足のMACDがゴールデンクロスしましたね!

 

これで中期的な上昇トレンドへの転換が期待できる形となりました。

 

現在では転換線あたりで頭を押さえられているので、直近の過熱感を冷やしつつこのあたりを上抜けしていきたいところです。

 

年末まであと3か月あるので、このまま急騰するよりはジリジリと上げていく展開を期待したいところです。

 

 

以下はBTC建てのチャートです。

 

f:id:chamatoushi:20180927104509p:plain

 

過去の急騰時は23000satoshiあたりが天井になっていますので、このまま上昇していくのであればこの価格帯は必ず意識されるラインになると思います。

(ここを超えるには大きなパワーが必要)

 

参考までに、現在のBTCの価格を基準にすると23000satoshiは168円くらいです。

 

また、BTCの価格が去年同様240万円あたりまで上げると仮定すると、23000satoshiは552円です。

 

 

まとめ(2018/9/27 時点) 

  • 日足雲抜け、週足ゴールデンクロスと買いシグナル点灯
  • 現在は直近の過熱感を冷まし調整中
  •  23000satoshiを目指して上昇継続を期待

 

※テクニカルチャートについてもっと知りたい方は以下を参照してください。

 

【初心者】おすすめのテクニカルを5つ紹介!

テクニカルチャートを学ぼう ~出来高~

テクニカルチャートを学ぼう ~移動平均線~

テクニカルチャートを学ぼう ~MACD~

テクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~

テクニカルチャートを学ぼう ~フィボナッチ~

テクニカルチャートを学ぼう ~一目均衡表~

テクニカルチャートを学ぼう ~RSI~

テクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~

チャートのローソク足とは?パターンや見方を理解しよう!

 

テクニカルチャートカテゴリーの記事

 

 

※リップルについてはコチラから

 

Rippleカテゴリーの記事

 

 

 

将来の価格予想は?

テクニカルチャートを見ると新たな一面が見えることも多いのではないでしょうか。

 

なお、ファンダメンタルズから見た価格予想は以下の記事にご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

www.crypto-chama.com

 

 

 

XRP(リップル)の購入方法

仮想通貨XRP(リップル)を購入するためには「取引所」への口座開設が必要です。

 

取引所への口座開設を行った後、銀行などから取引所の口座に日本円の入金を行い、取引所内で円⇔XRPの売買取引ができます。

 

国内でリップル(XRP)の取り扱いがある主な取引所は以下のとおりです。

 

 

※リップル取扱い取引所の比較表

取引所名 手数料 セキュリティ 使いやすさ
coincheck
bitbank
GMOコイン
DMM bitcoin
SBI VC(予定)

 

 

その中でも手数料も他の取引所に比べて安く、セキュリティにも力を入れているbitbankがおススメです。

 

bitbankへ

 

 

口座開設はメールアドレスとパスワードを登録するだけで数分程度で完了しますので、実際に購入するかは別としてまずは登録しておくことをおススメします。

 

 

 

 

以下の記事でbitbankについて詳しく解説していますので、参考にしてくださいね。

 

www.crypto-chama.com