ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

【2018/9/19 更新】リップル(XRP)のテクニカルチャートを分析!今後の値動きは?


SPONSORED LINK

XRP テクニカルチャート

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

本記事では定期的にリップルのチャート(主にXRP/USD)を分析します。

 

補足

※ 可能な限り毎週、本記事を更新していきたいと思います。

※ 過去4週間以前の記事は文字数の関係上、都度削除します。

※ 本記事は将来の値動きを保証するものではありませんので、参考程度に捉えて頂けますようお願いします。

 

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/9/19 時点)

 

9/13 にXRPが前日比で20%上昇と大きな上昇を見せました。

 

ファンダメンタルズ的にはxRapidが来月頃に商用化されるという報道がありましたが、テクニカル的にはどのような動きがあったのでしょうか。

 

 

 

日足 (XRP/USD)

まず日足のトレンドラインを見てみます。 

 

f:id:chamatoushi:20180919145705p:plain

 

6月上旬頃からのトレンドライン①を超えたことで買いが増え、一気に上昇をしました。

 

出来高も前日比で大きく増え、今のところはトレンド転換を期待させる動きをしています。

 

ただし、現時点で完全にトレンド転換したという判断は時期尚早で、上方には2月高値からのトレンドライン②(54円あたり)や意識する人が非常に多い200日線(61円あたり)などが控えており、これらを超えられるかがポイントとなります。

 

 

f:id:chamatoushi:20180919145715p:plain

 

また、一目均衡表を見ると現状は雲の下限で攻防していることが分かります。

 

つまり、急騰したといってもまだ、日足の時間軸ですらトレンド転換はしていません。

 

※本音はセリクラでXRP買いたいです・・・。

 

 

週足(XRP/USD)

次に週足を見てみます。

 

f:id:chamatoushi:20180919145726p:plain

 

 週足のMACDが上向き始めました。

 

 

現在の価格帯より上で推移できれば、来週あたりでゴールデンクロスすることが期待されます。

 

ただし、BTC(ビットコイン)がそうであったように、MACDゴールデンクロスしたからと言ってすぐに中期トレンドが転換するとは限らないため、こちらも過信しない方がいいかもしれません。

 

まとめ(2018/9/19 時点) 

  • 短期急騰したものの、まだ日足以上のトレンドは転換していない
  • 出来高急騰は良い傾向
  • 週足MACDが上向き、ゴールデンクロス期待

 

※テクニカルチャートについてもっと知りたい方は以下を参照してください。

 

【初心者】おすすめのテクニカルを5つ紹介!

テクニカルチャートを学ぼう ~出来高~

テクニカルチャートを学ぼう ~移動平均線~

テクニカルチャートを学ぼう ~MACD~

テクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~

テクニカルチャートを学ぼう ~フィボナッチ~

テクニカルチャートを学ぼう ~一目均衡表~

テクニカルチャートを学ぼう ~RSI~

テクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~

チャートのローソク足とは?パターンや見方を理解しよう!

 

テクニカルチャートカテゴリーの記事

 

 

※リップルについてはコチラから

 

Rippleカテゴリーの記事

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/9/4 時点)

仮想通貨市場は大きな流れとしてはまだ下落トレンドを抜け出せていないものの、目先の方向感はなく、ボラリティも小さい状況が続いています。 

 

材料的にはCoincheckの再開やXRPに関してはxRapidの実稼働などが待たれていますが、期待感による価格上昇なども見られないことから、個人投資家の市場への関心が以前より薄まっていることは明らかです。

 

それではXRPのチャートを見てみましょう。

 

日足 (XRP/USD)

 まずは日足のXRP/USDからです。

 

f:id:chamatoushi:20180904101552p:plain

 

現在は5月からの下落トレンドライン(緑)を抜け、6月からの下落トレンドライン(青)を抜けるかどうかという位置にいます。

 

ここを上に抜ければ次のトレンドライン(レジスタンス)は2月高値からのラインですが、価格的には51ドル付近ですのでそのあたりまでの上昇は期待できるかもしれません。

 

また、MACDについてはまだ値が0以下で、5月以降に一度も0以上になっていません。

 

MACDのGC(ゴールデンクロス)は値が0以上になることでより信頼性が高まるといわれていますので、このまま0以上まで上昇できるかがポイントになります。

 

 

週足(XRP/USD)

次は週足を見てみます。

 

f:id:chamatoushi:20180904102803p:plain

 

MACDの角度はかなり緩やかになり、現時点の価格ではMACDの値(青)が先週の値より上向いています。

 

つまり、今週を今の価格帯以上で占めることができれば、来週以降にGC(ゴールデンクロス)の期待ができる状況です。

 

ただし、MACDが上向いた場合でも4月のように「騙し」である可能性はありますので、注意が必要です。

 

また、先行して週足MACDがGCしているBTCの値動きを見ていても、上値は重く、去年のように急騰するには大きなパワー(出来高増加)が必要であることは間違いありません。

 

そのためには、チャートのテクニカル的な好転と合わせて、仮想通貨市場への参加者増加が必須です。

 

 

まとめ(2018/9/4 時点) 

  • 現在は6月の下落トレンドラインあたり。上抜ければ50ドルあたりまで期待。
  • 週足で見ると底値感あり。今週の動き次第で、来週にはGC期待。

 

※テクニカルチャートについてもっと知りたい方は以下を参照してください。

 

【初心者】おすすめのテクニカルを5つ紹介!

テクニカルチャートを学ぼう ~出来高~

テクニカルチャートを学ぼう ~移動平均線~

テクニカルチャートを学ぼう ~MACD~

テクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~

テクニカルチャートを学ぼう ~フィボナッチ~

テクニカルチャートを学ぼう ~一目均衡表~

テクニカルチャートを学ぼう ~RSI~

テクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~

チャートのローソク足とは?パターンや見方を理解しよう!

 

テクニカルチャートカテゴリーの記事

 

 

※リップルについてはコチラから

 

Rippleカテゴリーの記事

 

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/8/26 時点)

仮想通貨市場は小さな反発を見せるものの、大きなトレンドは変わらず下落トレンドが続いていますね。

 

夏も終わりが近づいていて、季節の変わり目とともに相場にも変化が訪れて欲しいところですが今のところその兆しはありません。

 

日足 (XRP/USD)

まずは日足のチャートから見てみます。

 

f:id:chamatoushi:20180826213304p:plain

 

MACDはゴールデンクロスし、価格も一時急騰をしましたが、一目均衡表の基準線あたりで上値を抑えられ、重い動きです。

 

ただし、安値では出来高が増えておりそういう意味では悪くありません。

(爆発的な出来高増加ではないため、まだ注視が必要ですが)

 

 

週足(XRP/USD)

続いて週足です。

 

f:id:chamatoushi:20180826213712p:plain

 

MACDは相変わらず下落しています。

 

先々週の暴落は転換線(水色)に抑えられたように見えるため、直近はレジスタンス(抵抗線)である転換線を超えられるかがポイントとなりそうです。

 

ただし、MACDの角度も徐々に緩やかになってきており、何かをきっかけに上向くことがあれば一気にトレンド転換することも期待できる状況です。

 

 

週足(XRP/BTC)

最後にBTC建てのチャートも見てみましょう。

 

f:id:chamatoushi:20180826214219p:plain

 

仮想通貨のバブル開始は2017年の3月あたりから始まりましたが、2017年3月と2017年の12月底値を結んだラインがサポートラインとなる可能性があります。

 

今の下落トレンドがまだ続くと仮定した場合、このラインが効くかどうかがポイントとなりそうです。(XRP/BTCで2600あたり)

 

ただし、BTC建ての価格ですので、2600あたりまで落ちる場合、以下の2パターンの可能性が考えられます。

 

  • XRPが大きく下落する
  • BTCが大きく上昇する

 

あくまで可能性の1つですが、頭の片隅に想定しておくといいかもしれません。

 

 

まとめ(2018/8/26 時点) 

  •  下落トレンドは継続中
  • 出来高増加はいい兆し
  • 最悪、XRP/BTCで2600あたりまで想定が必要

 

※テクニカルチャートについてもっと知りたい方は以下を参照してください。

 

【初心者】おすすめのテクニカルを5つ紹介!

テクニカルチャートを学ぼう ~出来高~

テクニカルチャートを学ぼう ~移動平均線~

テクニカルチャートを学ぼう ~MACD~

テクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~

テクニカルチャートを学ぼう ~フィボナッチ~

テクニカルチャートを学ぼう ~一目均衡表~

テクニカルチャートを学ぼう ~RSI~

テクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~

チャートのローソク足とは?パターンや見方を理解しよう!

 

テクニカルチャートカテゴリーの記事

 

 

※リップルについてはコチラから

 

Rippleカテゴリーの記事

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/8/16 時点)

先週はアルトコインを中心に大きく下落した週となりました。

 

株式市場では夏枯れという言葉もある通り、お盆の時期は市場の取引量は少なく、価格も下落するというアノマリーがあります。

 

XRPのチャートを見てみましょう。

 

日足 (XRP/USD)

まずはXRP/USDからです。

 

f:id:chamatoushi:20180816175919p:plain

 

長らくサポートラインとして機能していた42ドルあたり(日本円で48円あたり)を明確に割ったことで大きく投げ売りが出ました。

 

私も短期の買い増し分については事前に決めたルールに従って損切りをしました。

(長期保有分は引き続きホールド)

 

 

ここからは再度、底を探すターンに入ります。

 

f:id:chamatoushi:20180816180159p:plain

 

RSIを見ると既に売られ過ぎのサインは出ており、短期的には反発が見込める場面です。

 

ただし、下落トレンドであることに変わりはありませんので、買いを入れる場合は慎重な判断が必要です。

 

 

週足(XRP/USD)

 

週足も見てみましょう。

 

f:id:chamatoushi:20180816180209p:plain

 

ボリンジャーバンドの下限付近まで下落していますので、反発を期待したいところです。

 

ただし、ボリンジャーバンドは拡大しながらトレンドを継続する可能性もありますので、安易な買いは危険です。

 

今から買いを入れるなら底を狙わずにトレンド転換を確認してからでもいいかと思います。

 

 

まとめ(2018/8/16 時点) 

  • サポートラインを割り、再び底探しの状況
  • 売られ過ぎのサインは出ているものの、さらなる下落は警戒が必要

 

以下は株式市場のアノマリー(「なぜそう動くのかはわからないけど、なぜか前もって決められたように動く傾向」)です。

 

仮想通貨市場が2017年末に盛り上がったのは記憶に新しいと思いますが、同じリスク資産という意味でアノマリーは仮想通貨にも通用するかもしれません。

 

f:id:chamatoushi:20180816181108p:plain

参考:アノマリーとは|株式市場の相場の動きの癖を知ろう

 

必ず当たるというものではありませんが、このような傾向は覚えておいて損はないでしょう。 

 

 

※テクニカルチャートについてもっと知りたい方は以下を参照してください。

 

【初心者】おすすめのテクニカルを5つ紹介!

テクニカルチャートを学ぼう ~出来高~

テクニカルチャートを学ぼう ~移動平均線~

テクニカルチャートを学ぼう ~MACD~

テクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~

テクニカルチャートを学ぼう ~フィボナッチ~

テクニカルチャートを学ぼう ~一目均衡表~

テクニカルチャートを学ぼう ~RSI~

テクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~

チャートのローソク足とは?パターンや見方を理解しよう!

 

テクニカルチャートカテゴリーの記事

 

 

※リップルについてはコチラから

 

Rippleカテゴリーの記事

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/8/6 時点)

先週の分析では、XRP/BTCの調整期間が30週間を経過したので、暴騰するかも?という話をしました。

 

 

 

では、実際にどうなったか見てみましょう。

 

週足 (XRP/BTC)

 

XRP/BTCは予想通り、上昇しました。

 

f:id:chamatoushi:20180806095918p:plain

 

ただし、2017年12月ほどの大きな上昇は今のところありません。

 

前週の高値はしっかりと超えていますので、今週以降も引き続き週足ローソクで安値切り上げ&高値更新をしていけば、大きな上昇のタイミングが訪れる可能性はあると思っています。

 

 

週足(XRP/USD)

XRP/BTCは10%以上上昇しているものの、実はUSD建てで見ると上昇していません。

 

f:id:chamatoushi:20180806100307p:plain

 

つまり、先週のXRP/BTC上昇は、

  • BTCが大きく下落
  • XRPはほとんど下落していない

 という状況により発生したものでした。

 

以下はBTCのチャートです。

 

f:id:chamatoushi:20180806100440p:plain

 

上図は日足チャートですが、週足でも前週の安値を切り下げており、不安定なチャートになっています。

 

 

 

まとめ(2018/8/6 時点) 

  • XRP/BTCは予想通り上昇
  • 今週以降も少々が期待できる
  • ただし、BTCの下げによるものなので、USD建てでは上昇していない

 

USD建てで上昇していないため、投資している立場からすれば嬉しくない展開ではありますが、BTCとの連動が外れてきているのは良い傾向だと思います。

 

さらに、XRPはファンダメンタルズ的に大きな可能性を秘めているので、いずれXRP自身が評価される日は来ると思っています。

 

 

※テクニカルチャートについてもっと知りたい方は以下を参照してください。

 

【初心者】おすすめのテクニカルを5つ紹介!

テクニカルチャートを学ぼう ~出来高~

テクニカルチャートを学ぼう ~移動平均線~

テクニカルチャートを学ぼう ~MACD~

テクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~

テクニカルチャートを学ぼう ~フィボナッチ~

テクニカルチャートを学ぼう ~一目均衡表~

テクニカルチャートを学ぼう ~RSI~

テクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~

チャートのローソク足とは?パターンや見方を理解しよう!

 

テクニカルチャートカテゴリーの記事

 

 

※リップルについてはコチラから

 

Rippleカテゴリーの記事

 

 

 

リップル(XRP)のチャート分析(2018/7/30 時点)

 

ビットコインは先週に引き続き底堅い動きをしています。

 

f:id:chamatoushi:20180730093512p:plain

週足のローソクが確定し、MACDのゴールデンクロスも達成しました。

 

ただし、まだ節目となる200MA(200日移動平均線)も超えておらず、明確にトレンド転換と言える状況ではありません。

 

XRPのチャートも見てみましょう。

 

週足 (XRP/BTC)

 

XRP/BTCのチャートで一番注目しているのは、2017年の調整期間である30週間という期間がちょうど先週で完了している点です。

 

f:id:chamatoushi:20180730093744p:plain

 

チャートの形も前回の調整期間と酷似していて、今週からXRPが動き出すかどうかに注目している投資家も多いようです。

 

 

 ただし、RSIのトレンドラインを下抜けているのは少し気になります。

 

XRP/USDのチャートも見てみます。

 

週足(XRP/USD)

ポジティブなポイントとしては、週足のローソクに十字線が発生したことです。 

 

f:id:chamatoushi:20180730094228p:plain

 

 底値圏での十字線は相場の転換を啓示すると言われています。

 

MACDも調整完了していますので、いつトレンドが転換してもおかしくない状況ですが、ボラリティも出来高も少ないため、いつ動き出すかは読めない状況です。

 

 

まとめ(2018/7/30 時点) 

  • BTC/JPYは週足MACDのゴールデンクロス達成
  • XRPは前回の調整期間である30週と同期間を経過
  • ボラリティも収束し、きっかけ待ち

 

※テクニカルチャートについてもっと知りたい方は以下を参照してください。

 

【初心者】おすすめのテクニカルを5つ紹介!

テクニカルチャートを学ぼう ~出来高~

テクニカルチャートを学ぼう ~移動平均線~

テクニカルチャートを学ぼう ~MACD~

テクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~

テクニカルチャートを学ぼう ~フィボナッチ~

テクニカルチャートを学ぼう ~一目均衡表~

テクニカルチャートを学ぼう ~RSI~

テクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~

チャートのローソク足とは?パターンや見方を理解しよう!

 

テクニカルチャートカテゴリーの記事

 

 

※リップルについてはコチラから

 

Rippleカテゴリーの記事

 

 

将来の価格予想は?

テクニカルチャートを見ると新たな一面が見えることも多いのではないでしょうか。

 

なお、ファンダメンタルズから見た価格予想は以下の記事にご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

www.crypto-chama.com

 

 

 

XRP(リップル)の購入方法

仮想通貨XRP(リップル)を購入するためには「取引所」への口座開設が必要です。

 

取引所への口座開設を行った後、銀行などから取引所の口座に日本円の入金を行い、取引所内で円⇔XRPの売買取引ができます。

 

国内でリップル(XRP)の取り扱いがある主な取引所は以下のとおりです。

 

 

※リップル取扱い取引所の比較表

取引所名 手数料 セキュリティ 使いやすさ
coincheck
bitbank
GMOコイン
DMM bitcoin
SBI VC(予定)

 

 

その中でも手数料も他の取引所に比べて安く、セキュリティにも力を入れているbitbankがおススメです。

 

bitbankへ

 

 

口座開設はメールアドレスとパスワードを登録するだけで数分程度で完了しますので、実際に購入するかは別としてまずは登録しておくことをおススメします。

 

 

 

 

以下の記事でbitbankについて詳しく解説していますので、参考にしてくださいね。

 

www.crypto-chama.com