ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

bitbankの「仮想通貨を貸して増やす」はどんな人に向いている?メリット・デメリットは?


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20180418154557j:plain

 

 こんにちは。ちゃまりんです。 

 

bitbankが2018年4月から「仮想通貨を貸して増やす」サービスを提供することを発表しました。

 

bitbank.cc

 

本記事では貸仮想通貨サービスのサービス内容やリスクなどについて、ご紹介したいと思います。

 

 

 

貸仮想通貨の概要

貸仮想通貨の仕組みはシンプルです。

 

銀行の預金で言うところの定期預金と同じようなイメージで、

  • 一年間、所有している仮想通貨を貸し出す
  • 一年後に最大5%の料率を受け取る
  • 途中解約の場合は5%のペナルティ

というルールになっています。

 

 

要はざっくりと言うと、、、

 

f:id:chamatoushi:20180320140512j:plain

 

という、握力測定サービスです(笑)

 

 

対象通貨

はじめはビットコインのみでサービス開始されますが、最終的にはイーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナーコインなどのアルトコインにも対応予定とのことです。

 

 

リスク

 

bitbankのホームページには貸仮想通貨サービスのリスクとして以下の記載があります。

 

 

  • 本サービスは預金に類似する商品ではなく、また預金保険の対象にもなりません。
  • 本サービスを利用するにあたり、仮想通貨の価格は常に変動しているため、お客様が貸し出した仮想通貨は常に価格変動等のリスクがあります。貸出時よりも仮想通貨の価格が下落することにより、損失を被る可能性があります。
  • 本契約は消費貸借契約であり、当社が破たんする、ブロックチェーンに致命的なバグが見つかるなどした場合、お客様が貸し出した仮想通貨が返却されないリスクがあります。
  • お客様が貸し出した仮想通貨は、原則として予め定められた貸出期間を経過するまでロックされます。したがって、貸出期間が満了するか、当社が返却する場合を除き、売却や送付を行うことができません。
  • 本サービスは、資金決済法上の仮想通貨交換業に該当するものではありません。そのため、当社がお客様より借り入れた仮想通貨は分別管理の対象にはなりません。
  • 当社は、対象仮想通貨市場における相場の急変、本サービスに関するシステム異常、本サービスに関する法改正等のやむをえない事情があるときは、当社の判断で一時的に個別取引を停止することがありますので、あらかじめご了承ください。

引用:「仮想通貨を貸して増やす」サービス開始予告のお知らせ

 

簡単に言うと「預金保障はなく、取引所やブロックチェーンに万が一のことがあった場合はどうなるかわからないよ」ということです。

 

まぁこれは貸仮想通貨に限らず、銀行預金と違って取引所に置いてある以上発生しうるリスクですが、もしサービス利用する場合はある程度の覚悟が必要でしょう。

 

 

どんな人に向いているか

個人的にはリターンに対してリスクが大きいサービスのように感じますが、

 

 

ガチホしたいけど取引所に置いてあると値動きが気になってついつい取引してしまう・・

 

 

 

と言う人にとっては適したサービスなのかもしれません。

 

もちろん、そのような場合はハードウェアウォレットが最適ですし、サービスを利用する場合も先述したリスクを承知の上で利用する必要があります。

 

bitbankへ

 

 

関連記事