やさしい仮想通貨

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

仮想通貨でテクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~


SPONSORED LINK

テクニカルチャート 学ぼう

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

本記事ではテクニカル分析の指標として人気がある、

「ストキャスティクス」について具体例も交えて分かりやすく説明します。 

 

 

FXができるおススメの取引所

▼BTCのFXを100レバレッジ追証なしで!

BitMEXロゴ

 

 

 

ストキャスティクスとは?

 

ストキャスティクスグラフ


まずは、ストキャスティクスがどのような意味を持ち、どのような計算で表示されるかについて説明します。

 

ストキャスティクスは%K、%D、%SDの3つで構成されます。

 

ストキャスティクス3つの構成

%K

 

設定期間の高値から安値までの値幅の中で、「現在値が安値から何%の位置にあるか」を表した値です。

 

0から100%の間で推移し、100%に近いほど買われすぎ、0%に近いほど売られすぎ」を示します。


数値は以下の計算式で求められます。

※計算方法は覚える必要はありません。

 

 

%Kの計算方法

%K=(現在値-過去N本分のローソク足の安値)÷(過去N本分のローソク足の高値-過去N本分のローソク足の安値)×100


※上記計算式の「N」の部分が設定値で、14、9、5などがよく使われます。

 

 

%D

 

%Kの値は上下に激しく動くのに対して、%Dは%Kを移動平均化して動きをより滑らかにした値です。


以下の計算式から求められます。

 

%Dの計算方法

%D=(現在値-過去N本分のローソク足の安値)の過去M本分合計÷(過去N本分のローソク足の高値-過去N本分のローソク足の安値)の過去M本分合計×100

 

※「M」のパラメータは通常は3が使用されます。

 

 

%SD

 スロー%Dと言い、%Dを基準としてさらに移動平均化して、動きを滑らかにした値です。

 

※%SDのパラメータも%Dと同様に「3」が使われることが多いです。

 

 

ファーストストキャスティクスとスローストキャスティクス

ストキャスティクスには、ファーストストキャスティクスとスローストキャスティクスの2種類があります。

 

それぞれ、先述で説明した%K、%D、%SDのうち、2つを使います。

 

ファーストストキャスティクス :%Kと%Dを使用する

スローストキャスティクス   :%Dと%SDを使用する

 

 

基本的な使い方はどちらも同じですが、

ファーストストキャスティクスは動きが激しくダマシも多いため、

一般的にはスローストキャスティクスが使われることが多いようです。

 

 

 

ストキャスティクスの使い方

テクニカル 使い方

 

では実際にストキャスティクスを使用してどのようにトレードをすれば良いかを説明します。

 

※ここではスローストキャスティクスを用いて説明します。

 

 

買いサイン

 

先述のとおり、ストキャスティクスは2つの値(スローであれば%Dと%SD)を使います。

 

この2つが特定の条件に一致した場合に、買いまたは売りを判断することになります。

 

 

売られすぎ(%D、%SDが20%もしくは30%以下)

 

1つ目は%D、%SDが20%または30%以下になった場合に「売られ過ぎ」と判断するパターンです。

 

以下の図は%D、%SDが30%以下の売られすぎの状態になった後、反発した例です。

 

チャート

 

上記のような場合に「売られすぎ」の状況で買っておけば、その後の上昇で利益を得ることが出来ます。

 

 

ゴールデンクロス

 

もう1つの買いサインは「ゴールデンクロス」です。

 

移動平均線やMACDなどのテクニカル分析と同様に、

2つの指標が交差したときにシグナルが発生します。

 

チャート

 

上記は%Dが%SDを下から上にクロスした場合の例です。

 

 ゴールデンクロスが発生した後、価格は大きく上昇しています。

 

 

売りサイン

 

 買われすぎ(%D、%SDが80%もしくは70%以上)

 

「売られすぎ」とは逆で%Dや%SDが80%または70%以上になった場合は、

「買われすぎ」と判断します。

 

チャート

 

上記の例では80%以上まで買われた後に大きく下落しています。

 

 

デッドクロス

 

買いサインである「ゴールデンクロス」の反対が「デッドクロス」です。

 

チャート

 

上記のように、%Dが%SDを上から下に抜けると、売りサインとなります。 

 

 

 

ストキャスティクスの特徴

ストキャスティクス 特徴

 

 

ストキャスティクスはRSIなどの指標と同様にオシレーター系と呼ばれていて、

「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を計測し、逆張りをするための指標です。

 

 

しかしこのオシレーター系の指標には、

以下のように、相場の状況によって得意・不得意があります。

 

 

  オシレーター系 トレンド系
指標 ストキャスティクス、RSIなど 移動平均線、MACDなど
得意 レンジ相場 強いトレンドが出ている相場
不得意 強いトレンドが出ている相場 レンジ相場

 

 

ストキャスティクスは一定のレンジの中で価格が動くような、

方向性の無い、レンジ相場に強いテクニカルです。

 

 

一方、以下のように強くトレンドが出ている相場では数値が上下に張り付いてしまい、

使い物になりません。

 

 

チャート

 

 

テクニカル指標全般に言えることですが、1つの指標に頼るとリスクが大きいため、

オシレーター系、トレンド系をバランスよく見た上で買い・売りの判断を行うようにすることをおススメします。

 

 

テクニカルチャートカテゴリーの記事

 

仮想通貨でFXトレードをしてみよう! 

チャート FX

 
 ある程度テクニカルの基本を押さえたら実際に取引をしてみましょう。

 

いくら勉強ばかりしても、実際に自分で取引をして得られる経験値にはかなわないからです。

 

最初は損してもいい程度の資金で取引をしてみて、利益を出せるようになってきたら少しずつ投入する資金を上げていけば良いと思います。

 

 

ビットコインFXとは?

ビットコイン FX

 

FXとは証拠金取引の事で現物取引と違ってビットコインの現物の受け渡しがない取引のことです。

 

例えば、、

  • 5万円分のビットコインを買って
  • ビットコインの価値が6万円に上がり
  • 6万円分のビットコインを売った場合

上記の場合、取引所との資金移動は「利益の1万円のみ」となります。

 

このようにビットコインFXの場合、「取引の最終的な損益部分だけ、資金を動かす」のが証拠金取引です。

 


またその他に、

  • 売りからの取引をできる(空売り)
  • レバレッジ取引をできる(倍率を掛けての取引)

という特徴もあります。

 

 

ビットコインFXができるおススメの取引所

おススメの取引所

 

 

おススメの取引所はBitMEXという取引所です。

 

海外の取引所ですが日本語対応もしており、国内の取引所に比べて手数料も安いため、非常に人気があります。

また、以下の点もBitmexの魅力です。

 

BitMEXの魅力
  • 100倍でレバレッジ取引ができる
  • 借金をしてしまうリスクである追証がない
  • 動作が軽く使いやすい
  • 取引量が多く、流動性が高い
  • テスト用口座で取引のシミュレーションができる

 

BitMEXへ

 

ちなみに上記のリンクから登録すると、取引手数料が6ヶ月間10%引きですので、是非ご利用くださいね。

 

また、Bitmexについては以下の記事でもご紹介しているので、参考にしてください。

 

www.crypto-chama.com

 

 

BitMEXの口コミ

実際に使用している人の口コミを集めてみました。

 

 

 

 

 

 

 関連記事

【初心者】おすすめのテクニカルを5つ紹介!

テクニカルチャートを学ぼう ~出来高~

テクニカルチャートを学ぼう ~移動平均線~

テクニカルチャートを学ぼう ~MACD~

テクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~

テクニカルチャートを学ぼう ~フィボナッチ~

テクニカルチャートを学ぼう ~一目均衡表~

テクニカルチャートを学ぼう ~RSI~

テクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~

チャートのローソク足とは?パターンや見方を理解しよう!