やさしいRipple

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。

やさしいRipple




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

【仮想通貨】ビットコインFXで初心者におすすめのテクニカルを5つ紹介!


SPONSORED LINK

初心者おススメ テクニカル

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

本記事では主に初心者向けにビットコインFXでトレードする際におススメのテクニカル指標を5つご紹介します。

 

 

 

移動平均線

移動平均線 チャート

 

移動平均線とは「一定期間の終値の平均を繋いで線にしたもの」で、多くの人が利用しているテクニカル指標の中では一番メジャーな指標です。

 

何日間の平均を取るかで短期線・中期線・ 長期線を設定することができ、それぞれの時間軸のスタイルに合わせたトレードを行うことができます。

 

一般的な時間軸と設定

短期 :5日線

中期 :25日線、75日線

長期 :200日線

 

移動平均線を使うことで現在のトレンドやそのトレンドの中での売買タイミングが分かります。

 

例えば移動平均線同士が交差する「ゴールデンクロス/デッドクロス」や移動平均線とのかい離が大きい場合に逆張りをする方法などがあります。


テクニカル初心者の方であれば、まずこの移動平均線から覚えてみるのがいいでしょう。

 

 

www.crypto-chama.com

 

 

MACD

MACD チャート

 

MACDは移動平均線と同じくトレンドを計るための「トレンド系」と呼ばれるテクニカル指標ですが、2本の線のみで構成されており視覚的にもシンプルなため、初心者でもとっつき易い指標でしょう。

 

どちらの線が上にあるかで現在のトレンドが上昇トレンドなのか下降トレンドなのかが分かります。

 

また、移動平均線と同様に2本の線が交差する「ゴールデンクロス/デッドクロス」のタイミングで、売買タイミングを計ることができます。

 

売買サイン

買いサイン:ゴールデンクロス

売りサイン:デッドクロス

 

www.crypto-chama.com

 

 

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド チャート

 

ボリンジャーバンドも多くの人に使われていて人気のあるテクニカル指標です。

 

チャート上に帯のようなものを表示させ、この範囲を大きく突き抜けることで「買われすぎ/売られすぎ」を判断する指標です。

 

ちなみに、以下の確率でレンジ内で推移すると言われています。

 

σと値が収まる確率

±1σ:68.3%

±2σ:95.5%

±3σ:99.73%

 

 

www.crypto-chama.com

 

 

RSI

RSI チャート

 

RSIは「買われすぎ/売られすぎ」といった市場の過熱感を計る指標です。

 

RSIの数値が70%(または80%)以上になると「買われすぎ」、30%(または20%)以下は「売られすぎ」と判断します。

 

どの指標にも弱点はありますが、RSIなどの「オシレーター系」のテクニカルは強烈なトレンド時には上下に張り付いてしまい、使い物にならないことがあります。

 

複数のテクニカル指標を組み合わせてトレードするのが望ましいです。

 

売買サイン

買いサイン:数値が30%(または20%)以下

売りサイン:数値が70%(または80%)以上

 

www.crypto-chama.com

 

 

一目均衡表

一目均衡表 チャート

 

一見ゴチャゴチャしており難しく見える一目均衡表ですが、トレーダーの中では使っている人も多く人気のある指標です。


特に初心者よりも中級者、上級者のトレーダーによく使われている印象です。

 

「雲」との位置関係でサポートライン(下値支持線)レジスタンス(上値抵抗線)が分かります。

 

また、以下のよう売買サインもあります。

 

売買サイン

 

買いサイン

  • 転換線が基準線を下から上へゴールデンクロス
  • ローソク足が雲を下から上に突き抜ける
  • 遅行線が価格(ローソク足)を上に抜く

 

売りサイン

  • 転換線が基準線を上から下にデッドクロス
  • ローソク足が雲を上から下に突き抜ける
  • 遅行線が価格(ローソク足)を下に抜く

 

www.crypto-chama.com

 

 

テクニカル指標は組み合わせが重要!

テクニカルチャート 組み合わせ

 

本記事では5つのテクニカル指標をご紹介しましたが、重要なのは1つの指標のみを使用するのではなく、複数のテクニカル指標を組み合わせることです。

 

なぜなら、指標は大きく分けてオシレーター系、トレンド系と別れており、それぞれに得意・不得意があるためです。

 

つまり、オシレーター系とトレンド系をバランスよく組み合わせることで、トレードで利益を出す可能性が高くなります。

 

  オシレーター系 トレンド系
指標
  • RSI
  • ストキャスティクスなど
  • 移動平均
  • MACD
  • 一目雲
  • ボリンジャーバンドなど
得意 レンジ相場 強いトレンドが出ている相場
不得意 強いトレンドが出ている相場 レンジ相場

 

 

仮想通貨でFXトレードをしてみよう! 

チャート FX

 
 ある程度テクニカルの基本を押さえたら実際に取引をしてみましょう。

 

いくら勉強ばかりしても、実際に自分で取引をして得られる経験値にはかなわないからです。

 

最初は損してもいい程度の資金で取引をしてみて、利益を出せるようになってきたら少しずつ投入する資金を上げていけば良いと思います。

 

 

ビットコインFXとは?

ビットコイン FX

 

FXとは証拠金取引の事で現物取引と違ってビットコインの現物の受け渡しがない取引のことです。

 

例えば、、

  • 5万円分のビットコインを買って
  • ビットコインの価値が6万円に上がり
  • 6万円分のビットコインを売った場合

上記の場合、取引所との資金移動は「利益の1万円のみ」となります。

 

このようにビットコインFXの場合、「取引の最終的な損益部分だけ、資金を動かす」のが証拠金取引です。

 


またその他に、

  • 売りからの取引をできる(空売り)
  • レバレッジ取引をできる(倍率を掛けての取引)

という特徴もあります。

 

 

ビットコインFXができるおススメの取引所

おススメの取引所

 

 

おススメの取引所はBitMEXという取引所です。

 

海外の取引所ですが日本語対応もしており、国内の取引所に比べて手数料も安いため、非常に人気があります。

また、以下の点もBitmexの魅力です。

 

BitMEXの魅力
  • 100倍でレバレッジ取引ができる
  • 借金をしてしまうリスクである追証がない
  • 動作が軽く使いやすい
  • 取引量が多く、流動性が高い
  • テスト用口座で取引のシミュレーションができる

 

BitMEXへ

 

ちなみに上記のリンクから登録すると、取引手数料が6ヶ月間10%引きですので、是非ご利用くださいね。

 

また、Bitmexについては以下の記事でもご紹介しているので、参考にしてください。

 

www.crypto-chama.com

 

 

BitMEXの口コミ

実際に使用している人の口コミを集めてみました。

 

 

 

 

 

 

 関連記事

【初心者】おすすめのテクニカルを5つ紹介!

テクニカルチャートを学ぼう ~出来高~

テクニカルチャートを学ぼう ~移動平均線~

テクニカルチャートを学ぼう ~MACD~

テクニカルチャートを学ぼう ~ボリンジャーバンド~

テクニカルチャートを学ぼう ~フィボナッチ~

テクニカルチャートを学ぼう ~一目均衡表~

テクニカルチャートを学ぼう ~RSI~

テクニカルチャートを学ぼう ~ストキャスティクス~

チャートのローソク足とは?パターンや見方を理解しよう!