やさしいRipple

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。

やさしいRipple




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

SBIバーチャルカレンシーズ(SBI VC)の登録・口座開設・評判・口コミ・手数料を解説!


SPONSORED LINK

SBI VC 開設 使い方

 

こんにちは。ちゃまりんです。 

 

本記事では大手SBIグループの仮想通貨取引所である、SBIバーチャルカレンシーズ(SBI VC)について、 

  • 口座開設の方法
  • 入金・出金の方法
  • 取引の方法(買い方・売り方)
  • メリット・デメリット、口コミ

などを解説いたします。

 

※注意

SBI VCの口座については現時点では、事前に先行予約の申し込みを行った人のみが開設の案内がされている状況です。

 

 

「すぐに口座開設してXRPやBTC、BCHを買いたい!」と言う人はbitbankの登録をおススメします。

 

関連記事

 

 

 

 

SBIバーチャルカレンシーズ(SBI VC)の概要

SBI VCロゴ

 

SBIバーチャルカレンシーズ(SBI VC)は金融大手SBIホールディングスが運営する仮想通貨取引所です。

 

FXや証券などで多くの顧客を抱えており、 非常に期待されている取引所です。

 

 

会社名 SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
英語表記 SBI Virtual Currencies Co., Ltd.
設立 2016年11月1日
事業内容 仮想通貨の交換・取引サービス、システムの提供
資本金 9億8,000万円(資本準備金を含む)
株主 SBIグループ100%
代表取締役社長 北尾 吉孝
ホームページ https://www.sbivc.co.jp/

 

 

取扱い通貨

 取扱い通貨

取扱い予定通貨
  • リップル(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

 

※上記全て日本円(JPY)での売買のみ可能。

 

 

メリット・デメリット

SBI VCのメリット・デメリットは以下があります。

 

メリット
  • 住信SBIネット銀行を使えばクイック入金ができる手数料無料
  • SBIグループのノウハウ・資本力がある
  • 証券などの顧客基盤を活用できる
  • セキュリティに力を入れている

 

デメリット
  • 取扱い通貨が少ない

 

 

特にCoincheckの事件を受けて、セキュリティの重要性は高まってきています。

 

現時点ではセキュリティに対する具体的な強みは見えていませんが、資本力が大きいことから、万が一の盗難などに対する補償制度などのサービス展開に期待されています。

 

また、取扱い通貨については今後、順次拡充される予定があります。

 

 

登録・口座開設方法

口座 開設

 

SBI VCの口座については現時点では、事前に先行予約の申し込みを行った人のみが開設の案内がされている状況です。

 

※口座開設方法は公式から案内があり次第、本記事で詳細を更新いたします。

 

POINT
  • 現時点では、先行予約口座のみの案内
  • 一般口座開設については、別途、SBI VC公式サイトで案内される予定

 

 

入金方法

取引所 入金

 

現時点で入金方法は以下のみとなっています。

 

  • 日本円での入金
  • 住信SBIネット銀行からのクイック入金

 

※仮想通貨での入金、住信SBIネット銀行以外からの入金については順次サービス展開予定。

 

 

クイック入金 

 ①「入出金」 > 「クイック入金」と遷移する。

 

クイック入金 画面

 

 

 ②入金額を入力し、「次へ」をクリック。

 

入金 画面

 

 

出金方法

取引所 出金 画面

 

 現時点で出金方法は以下のみとなっています。

 

  • 日本円での入金

 

※仮想通貨での出金については順次サービス展開予定。

 

出金

①「入出金」>「出金」と遷移する。

 

出金 画面

 

 

②出金する銀行口座が未登録の場合は、「銀行口座を登録する」をクリックする。

 

銀行口座 登録 画面

 

 

③銀行口座の情報を入力、「銀行口座を確認する」をクリックし、登録する。

 

銀行口座 登録 画面

 

 

④銀行口座の登録が完了したら、金額を入力し、「日本円を出金する」をクリックする。

 

取引所 出金 画面

 

 

 

 

取引方法(買い方・売り方)

 買い方・売り方

 

現時点での取引は以下のみとなっています。

 

  • 販売所形式
  • 現物取引
  • XRP/JPYペア

 

※手数料は業界最安を目指すと発表されていることから、サービスは順次拡大していくと予想される。

 

買い方・売り方

①「取引」メニューをクリックし、取引画面に遷移します。

 以下の赤枠部分が取引をするための画面です。

 

取引画面

 

②「銘柄選択」をクリックすると、取引できる銘柄が表示されますので、取引したい銘柄を選択します。(本説明ではXRPを選択した場合で説明します)

 

f:id:chamatoushi:20180622102143p:plain

 

 ③次に、買い・売りをする「数量」を入力します。

 

 数量を日本円で指定する場合は、「日本円の金額」を、XRPの量で指定する場合は「XRP数量」をクリックします。

 

※例えば、1万円分のXRPを買いたい場合は「日本円の金額」を選択し10,000と入力、

 1,000XRP分を売りたい場合は「XRP数量」を選択し1,000を入力、といった具合です。

 

 

数量を日本円で指定

数量 日本円

 

数量をXRPで指定

数量 XRP

 

 

④「成行」または「価格指定」を選んで、取引パスワードを入力し、「コインを売る」または「コインを買う」をクリックします。

 

POINT

成行:価格を指定せずに注文する方法で、成行買いであればその時に一番安く売り注文している価格と注文が成立します。価格に拘らずに即時に注文を成立させたい時などに有効です。

 

価格指定:「指値注文」とも言い、自分が買いたい・売りたい価格を指定して注文する方法です。売買タイミングに拘らずに買いたい・売りたい価格が明確になっている場合に有効です。

 

 

成行の場合

成行 画面

 

価格指定の場合

指値 画面

 

 

 

二段階認証の設定

二段階認証 取引所

 

二段階認証(二要素認証)の設定は仮想通貨取引所で通貨を保管する場合は、必ず設定しましょう。

 

※設定しない場合は、ハッキング(盗難)などのリスクが高くなってしまいます。

 

 

 ①「口座管理」>「二要素認証の設定」に遷移し、QRコードを表示させます。

 スマホアプリでQRコードを読込み、認証コードを入力すれば設定完了です。

 

二段階認証 画面

 

 

口コミ

※順次、更新予定