ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

bitbankが自動家計簿サービス「マネーフォワード」との連携に対応!


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20180614005619p:plain

 

こんにちは。ちゃまりんです。

 

bitbankがついに自動家計簿サービス「マネーフォワード」との連携に対応しました!

 


 

 

マネーフォワードとは

f:id:chamatoushi:20180614001203j:plain

 

マネーフォワードのことを知らない人向けに簡単に説明しますね。

 

マネーフォワードは、一言で言うと自動家計簿サービスです。

 

自分が使っている銀行・クレジットカード・証券会社・FX・年金・ポイントなどの口座の入出金などを自動でまとめ、家計簿を作成してくれます。

 

全ての資産が見える化され、資産の推移が把握できたり、入金・出金情報から毎月の家計診断をレポートしてくれたりと非常に便利なサービスです。

 

特に銀行などの口座が1つ、2つくらいしか所有していない人にとっては不要なサービスかもしれませんが、株やFX、仮想通貨など色々な口座を持っている人にメリットがあります。

 

 

ちなみに、私はマネーフォワードのプレミアム会員なのですが(無料でも一部のサービスは利用可)、今回bitbankが対応したことで今まで管理できていなかった仮想通貨の資産も一括で管理できるようになりました。

 

※こんな感じで資産の推移も把握できます。年始からかなり減っていますね(笑)

 

f:id:chamatoushi:20180614001323j:plain

 

 

※マネーフォワード公式サイト

 

 

マネーフォワードは会社名でもあるのですが、家計簿サービス以外にも「しらたま」という自動貯蓄アプリだったり、個人向け以外にも法人向けにクラウドサービスを展開していたりと「お金のスペシャリスト」としてとても勢いのある会社です。

 

ちなみに 2017年にはマザーズに上場しています。

 

 

bitbankの動向は?

f:id:chamatoushi:20180614005605p:plain

 

今回マネーフォワードに対応したbitbankですが、SBI VC(SBIバーチャルカレンシー)がローンチしたことで、かなり対抗心を燃やしていると思います。

 

 

 

bitbankは既に以下の施策も打っています。

  • マネーフォワード連携に対応
  • 6月末までだった手数料無料キャンペーンを9月末まで延期
  • アフィリエイト報酬をアップ

 

 

現状は手数料が安いという観点でbitbankを利用している人が多い印象ですが、SBI VCもユーザ獲得に向けた施策を打ってくるでしょうしかなり激しい戦いとなりそうです。

 

bitbankサイトへ

 

 

まとめ

f:id:chamatoushi:20180614010037p:plain

 

投資で儲けを得るためにはテクニカルチャートやファンダメンタルズの勉強も大事ですが、それより大事なのは「資金管理」です。 

 

自分がどれだけの資産を持っているかをキチンと把握し、その中からどの金融商品にどれだけ投資するかを決定することは大きく投資成績に左右するでしょう。

 

 

 

関連記事