ちゃまりんの投資ブログ

リップルを中心に仮想通貨のはじめ方やチャート分析、ニュースの情報を発信などをしています。




ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

投資する人・しない人の格差はこんなにも大きく広がる!シミュレーションしてみた


SPONSORED LINK

f:id:chamatoushi:20180720184600p:plain

 

 こんにちは。ちゃまりんです。

 

生きていく上でなくてはならない「お金」。

 

よりよい人生を送るためにも、できるならお金持ちになりたいですよね。

 

本記事ではお金持ちになるために必須スキルとも言える「投資」について、

  • 投資をした場合
  • 投資をしなかった場合

にどの程度の違いがでるかについて、いくつかのパターンに分けてシミュレーションしてみました。

 

 

 

 

お金持ちほど投資をしている

 

そもそも投資って必要なんでしょうか?

 

失敗するリスクもありそうだし、銀行への貯金だけでも十分なんじゃないか。

 

そう思っている人も多いと思います。

 

あなたはあなたの友達や家族がどのくらい投資をしているか知っていますか?

 

友達や家族にお金の話をするのって気が引けますよね。

 

だから、周りがどれくらい投資しているかってあまり分からないと思うんです。

 

そこで、ちょっと調べてみました。

 

以下は日本人の貯蓄高ごとの有価証券(株)の比率です。 

 

f:id:chamatoushi:20180720170159p:plain

参考:みんな実際どのくらい投資しているの? 貯金・年収別で比較してみた | マネーの達人

 

 

これを見ると、貯蓄が多い人ほど投資に回す比率が大きくなっているということが分かりますよね。

 

投資をしているからお金持ちになれるのか、または、お金持ちだから投資をしているかは鶏が先か卵が先かの問題ですが、投資とお金持ちに密接な関係があるのは間違いなさそうです。

 

 

投資パターンごとのシミュレーション

 

では、実際にAさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんという5人の投資パターンを想定して、運用結果にどの程度の違いが出るかを見てみましょう。

 

Aさん

堅実なAさんは毎月3万円をコツコツ貯金します。

貯蓄期間は老後までの30年間。

 

ただし、日本円で銀行に預けっぱなしなので、金利は0.1%しか付きません。

 

Bさん

Bさんは投資をやります。

投資の成績は年ごとにバラつきがあるものの、税引き後で平均3%の利回りがあります。

 

投資額・期間はAさんと同じく毎月3万円を30年間です。

 

Cさん

Cさんはさらに「節約」や「副業」をしているため、毎月5万円を投資に回すことができます。

 

投資の成績や期間はBさんと同じく、利回り3%で30年間です。

 

Dさん

DさんもCさんと同じく毎月5万円を30年間投資しますが、Dさんの方がより期待値の高い商品へ投資をすることができ、投資成績は年間利回り4%と良好です。

 

Eさん

EさんはDさんと同じように毎月5万円を4%の利回りで運用しますが、さらにDさんより5年程、投資を早く始めました。

 

つまり、運用期間は35年間です。

 

 

さて、5人の貯蓄・投資パターンをご紹介しましたが、この5人は最終的にいくらの資産を築くことができるでしょうか。

 

さくっと計算してみると驚きの結果がでました。 

 

以下がシミュレーションの結果です。

 

  Aさん Bさん Cさん Dさん Eさん
貯金 or 投資 貯金 投資 投資 投資 投資
月々の積立額 3万円 3万円 5万円 5万円 5万円
利回り 0.1% 3% 3% 4% 4%
積立期間 30年 30年 30年 30年 35年
運用結果(シミュレーション) 1096万円 1761万円 2935万円 3492万円 4586万円

 

貯金しかしないAさんに比べて、5万円を積立投資したCさんは約3倍、4%の利回りで35年積立したEさんは4.5倍以上の資産を作ることができる計算になります。

 

そして、その差額はAさんとEさんで比べるとなんと約3500万円です。

 

f:id:chamatoushi:20180720164411p:plain

 

老後の資金と考えてると3500万円という金額はものすごく大きいですよね。

 

あくまで計算上の結果ですが、投資をする人としない人ではこれだけ大きな格差が生まれる可能性があるのです。

 

 

投資パターン毎のシミュレーションから分かること

 

今回のシミュレーション結果によって言えることは、

  • 貯金より投資が良い
  • 積立額は多い方が良い
  • 利回りが大きい商品に投資する方が良い
  • 積立期間は長い方が良い

ということですよね。

 

つまり、3%や4%といった一見大したことのない利回りでも長期に渡って運用することで大きな成果になるんです。

 

 

これがアインシュタインが「人類最大の発明は複利である」と言った所以です。

 

 

何に投資すればいいの?

 

今回のシミュレーションしたように長期投資を前提とするなら、「ほったらかしにできる投資先」がベストです。

 

なぜなら、投資をしていると日々の値動きが気になってしまうことがホントに多いです。

 

特に投資初心者の人は今日はいくら上がったとか下がったとか、いちいち気になってしまう。

 

このようなことがあると、不安になって途中で売ってしまったり、そもそも精神的にも良くないです。

 

とは言っても、実際に何に投資すればいいのでしょうか?

 

投資といえば株や不動産がスタンダードですが、始めて投資をする人にとっては、何をどうしていいか分からないですよね。 

 

 

私のおススメはWealthNaviです。

 

 

WealthNaviはロボアドバイザーというAIで自動で投資を行ってくれることで今人気のサービスです。

 

 最初に簡単な設定を行うだけで、金融商品の選択から発注、再投資、リバランスまで全て自動で行ってくれるため、初心者でも簡単に資産運用をすることができます。

 

全部自動で運用してくれるので、価格の変動を気にすることがありません。

 

さらに株や債券、金や不動産などに分散して投資するので、リスクも抑えてくれます。

 

年間の利回りは6.0%が期待できるそうです。 

 

実際に私も毎月3万円の積立プランで運用をしているのですが、30年後には50%の確率で2520万円になるシミュレーションです。

 

f:id:chamatoushi:20180720183353p:plain

 

運用実績は記事にしてるので、参考にしてみてくださいね。